ポータブル電源一覧 73種 

【新製品情報】suaoki G1200 YouTube・amazonの登録を確認【超大容量1200Wh定格出力1000Wのすごいヤツ】

suaokiG1200 新着情報 PowerOak PS8B

キニモノくん
こんにちは。キニモノくんです。

suaoki G1200 なんですが、

YouTube

amazon

で確認できました。

suaoki G1200 YouTubeで動画確認

どんな商品か気になっていましたが、動画がYouTubeに公開されていました。
公開日は2019/3/15になっています。気が付きませんでした。

「乾杯」がいいですね。

suaoki G1200 amazonで確認

↑ 画像クリックでamazon商品ページへ

ロゴが「POWEROAK」になっています。

入力(充電)は2way、出力は5WAY となっています。

本体重量は15.9kg(発送重量と同じなのが気になります)

カテゴリが「パソコン・周辺機器 › PCアクセサリ・サプライ › 無停電電源装置」になっているので、パススルー(充電しながら出力)に対応していると思います。

amazon取扱い開始が2019/2/25になっていますが、気が付きませんでした。

suaoki G1200 動画から詳細をチェック

YouTubeの動画から細かくチェックしていきます。

長さ1分49秒の動画ですが、いろいろと分かります。

suaoki G1200 外観はブラックとシルバー

suaoki G1200 の外観です。
黒い樹脂とシルバーの金属はsuaoki製品に多い組み合わせです。

今回は縦長の本体になっています。
重量があるので、持ち運びの際に重心が体に寄るように配慮したのかもしれません。

ハンドルも固定式でしっかりしていそうです。

suaoki G1200 容量は1200Whの超大容量

容量は超大容量の1200Wh、332000mAh(3.7V)、83000mAh(14.4V)となっています。

安全管理は、過電圧保護、過電流保護、過熱保護となっています。
PS5Bで問題となったPSEマークについてはどうなっているのか、気になるところです。

suaoki G1200 サイズは?

本体は大きいと思いますが、人と比べればなんとなく想像できますかね。

suaoki G1200 USB出力は4口

USB端子に接続している画像です。ここで注目したいのが ↓

液晶ディスプレイの出力数値の桁数。
suaoki PS5B、suaoki G500とも3桁でしたが、suoaki G1200 は4桁となっています。
これは出力が4桁可能ということを示しています。

USB出力は4口。5V/3A
超大容量なら、もっとあっても驚かないかんじですが、、

suaoki G1200 PD出力は1口

USB Type-C(PD出力)は1口。45W
こちらももっと口数あってもよさそう。

suaoki G1200 AC出力は2口で定格1000Wの高出力

AC出力は2口。背面パネルにあります。
定格1000W(最大1500W)はかなりの数値です。
負荷が大きな家電製品も動かせそうです。用途が広がります。

周波数は、50 / 60Hz変換可能です。

suaoki G1200 LCDディスプレイは4桁表示

液晶パネルはいつもの感じで、数値の桁数だけ4桁になっているのが大きな違いでしょうか。
残量が数値になっているといい気がしますが、いつもの20%の目盛り表示(5目盛り100%)になっています。

最後の1目盛り(残量20%)で240Whも残っていることになります。
これは、suaoki G100(100Wh)の2倍以上、S270(150Wh)の1.6倍の数値になります。

放電深度(DOD)の設定が気になるところです。

suaoki G1200 超大容量でもフル充電まで9時間

↑ この画像からだと入力(充電)は背面からのようですが、

こちらの画像で『INPUT』が正面にあるのがわかります。
DC16-60V 10Aとなっています。

AC⇒DC変換、変圧を本体内でするのではなく、他の機種と同じようにACアダプタを利用するようです。
PS5Bでアダプタ火災があったので、本体内蔵よりこの方がいいと思います。

ACアダプタ160Wでの充電はすごいですね。
9時間で充電してくれるのであれば、容量を使い切った場合も前日早めに充電を開始すれば夜間のうちに充電できて、車中泊旅行の出発までに間に合いそうです。

ACアダプタの発熱は、どうなんでしょう、気になります。

ソーラーパネルでの充電は何Wまで対応するのでしょうか。
suaoki G500などはACアダプターよりもソーラーパネルでの充電の方が効率がよかったので、気になるところです。

suaoki G1200 外観 背面をチェック

背面の画像です。
しっかりした排熱口が確認できます。大きな出力なので、本体の発熱もしっかりありそうです。

AC出力(家庭用コンセント)も確認できます。

suaoki G1200 使用シーン 使用可能時間

参考使用可能時間です。

紹介している中に、乾燥機があるのもすごいですね。
600Wで2時間ということでしょうか。(放電深度は無視です)

suaoki G1200 気になるところ

気になる点 価格

価格はまだわかりません。
100円 / Whとして、単純に120,000円。かなり高額です。

いくらになるんでしょう?
suaoki さんらしくお値打ちになるとうれしいですね。

気になる点 ソーラーポート

suaoki PS5B、G500にあるようなソーラーパネルを接続する専用のソーラーポート(アンダーソン端子)が見当たりません。
今までの機種では、DCポート(ACアダプター)とソーラーポート(アンダーソン端子)の同時仕様が禁止されていました。
YouTubeでは同時に接続して、高速に充電できると紹介している動画もありました。

説明書に記載したところで、できてしまうなら使用する人もいるので、そういった行為を避けるためにソーラーポートが廃止されたのかもしれません。
ただ単に設置しなかっただけかもだけど。

suaoki G1200 は PowerOak PS8?

amazonの画像からPowerOakの商品とわかります。
検索するとありました『PS8』という商品です。

PowerOakのサイトで「PS8」をチェックする

機能は一緒かもしれないし、suaoki独自の機能がプラスされているかもしれません。

価格は1.599,00。

日本円で202,123.16 円(126.40円 / € 計算)

すごく高いです!

suaoki G500 が5万円で買えるときもあるので、4台買えちゃいます。
出力は1000Wに及びませんが、2000Whの超大容量です。

suaoki G1200 に期待

新しい商品は、ワクワクしますね。
性能、価格など期待しましょう。

情報を待ちたいと思います。

おまけ PSONE(S200)はこれかも!

suaoki G1200は元々PS8Bということでした。

PSONEPS8B 開発中 suaoki PS5Bの後継機!?「PS8B」「PSONE」まもなく、開発中!【ポータブル電源】

同じように、PSONEがS200として販売予定ですが、
PowerOakさんで検索するとありました。


その名も『PS1』。改名前と一緒です。
スリムでかっこいいです。本棚にさり気なく置いておけそうな感じです。

容量は200Whでほぼこれで間違いないんじゃないでしょうか。
(違っているかもしれませんので、注意してください)

PowerOakのサイトでPS1をチェックする

価格は399,00 

日本円で50,433.6 円(126.40円 / € 計算)

結構高いです。これなら suaoki G500 買っちゃうかもですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo