【楽天市場 ミラクルチェ】ポータブル電源 suaoki製品取扱店 

車両にヒッチメンバーの取付【キャンピングトレーラー・シエンタ】

キャンピングトレーラーのスモールエッグを引っ張るためには車両にヒッチメンバーを取付なければいけません。
メーカー品があれば簡単ですが、シエンタには当然ありません。

それでもなんとかヒッチメンバーを取り付けてもらいました。

ヘッド車はシエンタ

ヘッド車はトヨタの大衆ミニバンのシエンタ。排気量は1500CCで非力です。
さらに燃費を追求しているので、車重も軽くなるように作ってあります。そのためボディ剛性は期待できません。

すでに走行距離は15万キロを超えているので、ちょっと無茶かなとも思いますが、ちょっと前にショックを交換したし、ダメになるまで乗り続けることにしたので、頑張ってもらうことにしました。

スモールエッグを取り扱うタバートのホームページには「重量1000kg以上の乗用車であれば、けん引可能です。勿論、けん引免許は不要です。」とあったので、ヒッチメンバーを取付けてくれるところをネットで探しました。

ヒッチメンバー取付業者

検索すると、ポルテやシエンタでスモールエッグを牽引している人がいることが分かりました。軽自動車でキャンピングトレーラーをひいている人もいます。無茶をしなければなんとかなる感じです。
ヒッチメンバーの取付を相談したのが、サンロッキー(福伸工業)さん。メールで相談しました。

すぐに回答もらいました。

特注対応オーダーメイドヒッチメンバー内容

  1. ヒッチメンバー本体
  2. ボールマウント取付ボルト
  3. 50mmヒッチボール
  4. 電源カプラ車側(JISⅠ種7極規格品)
  5. 配線部品一式
  6. Alkoスタビライザー装着車50mmハイライズヒッチボール溶接固定
  7. Eu13pinコンセント&ステー
  8. 取付配線工賃一式

金額

153,900円(税込)

特注になってしまう分、お高い。

注意点

MEMO
長年の使用、過負荷での使用などで、車体が徐々に変形する事があります。
簡単にヒッチメンバーの脱落が起こるような事態は考えられにくいですが、ドアの締まりが悪くなるなどは避けられないと思います。
それが5年後に起こるか、3年後に起こるかは使用状況次第です。
どうしてもシエンタでは多少の無理はあります。

ヒッチメンバーによる不具合が出るのが先か、シエンタの寿命が先か、
シエンタ自体に不満はないし、車の買い替えも考えていないので、シエンタに取り付けてもらうことにしました。

ヒッチメンバーの取付

取付ができる日を教えてもらい、いつにしようか悩んで伝えると、近い日は早々に埋まっていました。大盛況のようで、改めて日付を聞いて、最短の日に予約を入れました。

予約の日。朝8時過ぎサンロッキーさんに到着。

近くで暇を潰せるスポットを教えてもらいましたが、せっかくなので作業を見せてくださいとお願いして、工場にそのまま残りました。

お父さんと地元の話をしたり、お母さんにおやつをもらったり、作業は少しずつ進んでいきます。

特注品なので、その場で採寸して、部品を作っていきます。

昼食を近くのラーメン屋で済ませ、せっかくなので近所を散歩。

散歩から帰ってくると、ほとんど作業終了。予定していた時間よりかなり早かったです。

シエンタにヒッチメンバーが付きました。
はじめてのけん引。どうなるかドキドキです。

MEMO
この記事は2016年7月25日に掲載したものを再編しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo