suaoki G500 お買い得情報!Yahoo!ショッピング

8月19日0時から 15%オフの50,898円で販売中。「Yahoo!ショッピング高山企画」

先着50名限定です!欲しかった人は急いで下さい!


suaoki G500 お買い得情報!楽天市場

楽天市場のミラクルチェさんのG500が10,000円オフの49,880円で販売中。

限定100台。

楽天ポイントが20倍。大量ポイントGET。

【ユーザー車検と点検】スモールエッグ(MINIと一緒)【キャンピングトレーラー】

キャンピングトレーラーのユーザー車検

キャンピングトレーラーのスモールエッグの車検を受けてきました。
トレーラーのユーザー車検 2万円掛からなくて安くて驚きです。
この記事はその際の記録です。

今回は、MINIも6月に期限がくるのでユーザー車検を同時に受けました。
MINIについては、別の記事で記載します。

事前確認

今まで乗用車のユーザー車検は受けたことがありましたが、キャンピングトレーラーは初めてです。
ネットなどで情報を集めましたが、いきなり受けに行くのも心配だったので、事前に岐阜運輸支局に必要なことを聞きに行きました。


(画像出典:国土交通省 中部運輸支局 岐阜運輸支局)

⑧窓口(検査相談コーナー)キャンピングトレーラーのユーザー車検をしたい旨を伝えて教えてもらいます。

乗用車と同じく、「ユーザー車検(継続検査)の受験方法」という用紙をもらい丁寧に教えてもらえました。

必要書類

必要な申請書類
  1. 自動車車検証
  2. 自動車税納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 点検整備記録簿(別表4 被牽引自動車の点検基準)
  5. 自動車重量税納付書
  6. 継続検査申請書(OCRシート)
  7. 自動車検査票
  8. 自動車検査インターネット予約システムから送られてきたメール(スマホで確認できればOK)

①、②、③は車検直前に当日用意します。
⑤、⑥、⑦は事前確認の際にもらいました。

点検整備記録簿

点検整備記録簿は、車検の日までに自分で整備しようと思っていたので、事前に購入しておくことにしました。
特に、何を点検したらいいのかわかっていなかったので、手に入れておく必要がありました。

隣の建物 自動車会議所 ⑩窓口(印紙・用紙)で、別表4 の用紙を購入したい旨を伝えると、取り扱いがないという衝撃。
別表5 ならあるから「これでどうですか」と見せてもらうと(自家用貨物自動車等の定期点検基準)となっています。
貨物自動車であるわけがないので、⑧窓口 で聞いてみてくださいといわれたので、違う気がするけど聞こうとすると、窓口は長蛇の列。

結局、別表5 の記録簿は返却して、時間がなかったので帰宅しました。

ネットで調べると、「自動車点検基準」ありました。
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/viewContents?lawId=326M50000800070_20161001
出典:e-Govウェブサイト

ネットでの購入先もありません。他の車検場に行けば購入できるかもと思いましたが、面倒臭いので自作しました。

上記リンク先「昭和二十六年運輸省令第七十号 自動車点検基準」を加工して作成しました。簡単に作ったものです。

チェック欄は他の点検記録簿を参考に 良好「レ」 分解「○」 交換「☓」 修理「△」 調整「A」 締付「T」 清掃「C」 給油「L」 を記入します。
該当しない項目はチェック項目に斜めの線を書いて打ち消し。

点検

ジャッキアップ

まずは点検するためスモールエッグをジャッキアップします。
説明書にジャッキアップの方法(ヘッド車なし)があったので、それに従います。

スモールエッグの前後の足(ジャッキ)を伸ばします。

タイヤが動いてしまわないよう輪止めを設置します。

ジャッキホイールの方向をタイヤの向きと垂直になるように向けます。

説明書に記載のポイントにジャッキを当ててスモールエッグを持ち上げます。

タイヤ外し センター(ハブ)キャップ外し

タイヤが浮く直前でボルトを緩めてから、改めて浮かせます。
ボルトを外して、タイヤを外します。

続いてセンターハブキャップを外すのですが、なかなか外せませんでした。(画像は外れています)
ネットで検索すると、専用のリムーバーがあるようですが、業者でもないのでそう何度も外す機会はありません。

こちらがリムーバーを使った動画。リムーバーをはめてハンマーで叩くだけでキャップが簡単に外れています。


AL-KO 55MM HUB CAP FORMER TOOL 603751
£30 結構しますし、ebay で見つかりません。

結局こちらの動画のようにして、キャップを外しました。
ハンドブレーキを掛けていたので、解除してタイヤを回転させます。キャップの付け根ではなくて外側を何度も叩くと、徐々に緩みだしてポロンと外れました。

当然ながらキャップは少し凹んだ状態です。
新しいものがあればいいですが、ないので点検が終わった後再利用します。

センターナットの取り外し

キャップを外すと大きなナットが現れました。
32mmです。この大きさのソケットを持っていなかったので、ホームセンターで購入。

店員さんに相談して、信頼性があるとのことでTONEにしました。

ナットが外れました。

ドラムを外しました。ダストがいっぱいなのでブレーキクリーナーで掃除しました。

ライニングもたっぷりあります。(前のユーザーさんはあまり走っていなかったようです)
この後、元の状態に戻して完了です。
グリスは手持ちがモリブデングリスだったのでそれを塗りました。

今回はライニングの厚みを計測した程度でしたが、動画を参考にメンテしたいと思います。

点検他

点検基準を参考に、タイヤの溝、ショックアブソーバーの油漏れ・損傷、ナット・ボルトの緩みチェックなどをして点検完了です。

窓の加工

事前確認に行った際、サイドの窓が25cm以上開かないようにしてください。と言われました。

ネットの情報を参考に加工しました。

開けようとしてもワイヤーが突っ張ってこれ以上開けられません。

1mmのワイヤーとオーバルスリーブで加工しました。

これで車検前の準備完了です。
一応、荷物を出しておくよう言われていたので、中のものを出しておきました。
ガスボンベを積んでいなかったので、こちらは元に戻しておきました。

書類提出(費用)

⑧窓口(検査相談コーナー)で、重量税の料金を教えてもらい、隣の建物 自動車会議所⑩窓口(印紙・用紙)で印紙を購入して各書類に添付します。

自動車会議所⑫窓口(自賠責保険)で自賠責保険に加入します。

 自賠責保険  5,010円
 重量税  8,200円
 自動車登録印紙  400円
 自動車審査証紙  1,400円
 合計 15,010円

書類を揃えて⑧窓口(検査相談コーナー)で確認してもらって、書類を受け取り車を検査コーナーへ持って行きます。

点検記録簿について、自作であることを伝えて確認すると問題ないとのことでした。

書類チェックしてもらい書類を受け取ります。この時、検査場の検査員にどのレーンに並べばいいかを前もって聞くように言われました。

検査

車で並ぶ前に検査員にどのレーンに並べばいいか聞こうと、検査場に行きました。
検査員は灯火類のチェックをしています。
何人かいるので、どの人に聞こうかなと思っていると、ひとりの検査員が声を掛けてくれました。

ヘッド車のMINIとキャンピングトレーラーのスモールエッグの検査を行いたい旨を伝えると、同時に受験できるよ、ということで⑤番レーン(大型、小型)に並ぶよう指示を受けました。

検査場に入る前に、まずは灯火類のチェックです。
MINIの後に、トレーラーをチェックしました。

無事終わり、車台番号のチェック。スモールエッグはボディの右側扉の下のあたりのフレームに刻印してあります。
続いて、内部のチェック。
窓の開閉状態のチェックかと思いきや、扉から中を覗いて「ハイ、OK」な感じでした。
(ワイヤーは外からも確認できたので、それでOKだったかも)

次に「サイドブレーキだけですか?」と聞かれ、慣性ブレーキもありますと答えるとそのチェックになりました。
少し進んで止まって、と言われ進んで止まりますが、慣性ブレーキはかかりません。

「たぶん、勢いつけないと駄目です」と伝え、実行することになりました。
前の車が進むのを待って、スペースが空いてから検査しました。
少しスピードを出して、ブレーキを強く踏むと、慣性ブレーキが働いたのがMINIにも伝わってきます。
検査員からは「OK」のサイン。

最後にサイドブレーキをチェックして、検査場前での検査終了。

その後、MINIの検査のために場内に入って、最後の下回り検査でスモールエッグもチェック。

無事、検査終了しました。

最後に検査場出口の総合判定BOX(有人の詰め所)にある受付箱に検査表を入れて確認してもらいます。

書類を返してもらったら、運輸支局⑦窓口(継続検査)の受付箱に書類を入れます。

名前が呼ばれたら、受け取り。
新しい車検証と、ステッカーをもらって、(点検記録簿も返却されます)無事 車検の終了です。

乗用車用はガラスに貼る用に数字が反転していますが、キャンピングトレーラーはナンバーに貼る用になっていて反転していません。




おすすめ記事

【2018年7月】大容量ポータブル電源 売れ筋ランキング【月更新】 

2018.08.02
キャンピングトレーラーのユーザー車検

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo