Yahoo!ショピング 高山企画 三周年企画 お値打ち情報


↑ 画像クリックでセールページへ
確認したところ、一覧ページと個別ページの金額が違っています

10月18日 20:00から 19日 19:59 までの24時間


↑ クーポンも忘れずにGET!

大容量ポータブル電源 比較してみました

大容量ポータブル電源 比較 4種
この記事の機種も含めて比較しました。合わせてどうぞ。

大容量ポータブル電源 8機種 比較しました

2018.03.10
記事掲載時(2017.12.19)のamazon.co.jpの情報を元に比較しています。
所有しているのはsuaoki ポータブル電源のみです。
suaokiでオレンジの文字は以前の商品ページで掲載されていたものです。

バッテリー性能 保証期間 サイズ 重さ

suaoki
PS5B
SmartTap
PowerArQ
Anker
PowerHouse
SokarOak
PS17650A
金額 ¥39,800
価格はamazon
2018-10-02
18:38時点
¥64,800
価格はamazon
2018-10-02
18:25時点
¥49,800
価格はamazon
2018-10-02
18:34時点
¥45,299
価格はamazon
2018-10-02
18:42時点
120,000mAh 171,000mAh 120,600mAh 約97600mAh
400Wh 619Wh 434Wh 360Wh
円/1Wh 99.50円
(39,800円/400Wh)
104.68円
(64,800円/619Wh)
114.74円
(49,800円/434Wh)
125.83円
(45,299円/360Wh)
公称電圧 3.62V 3.7V
保証期間 12ヶ月 24ヶ月 18ヶ月 12ヶ月
サイズ 230mm(L)x 140mm(W)
x 230mm(H)
30 x 19.2 x 24.1 cm  20 x 16.5 x 14.5 cm 303mm(L)x 134mm(W)
x 174mm(H)
重さ  5.6Kg  6 Kg  4.2 Kg
5.2Kg(発送重量)
2.52 kg(5kg)
2つ記載あり、どっち?
その他 LG製リチウムイオン電池
充電:0~45℃
放電:-10~60℃
湿度:10%~90%
安全保証:PSE検査済み、MSDS認証
PSE、UN38.8、FCC、ISO9001、RoHS、UL 充電:0~45℃
放電:-10~60℃
湿度:10%~90%
販売 Urceri(現在ノーブランド品で販売)
BuyUwish
(suaokiで販売していた頃)
スマートタップ(Smart Tap) AnkerDirect SolaroakDirect
service@solaroak.net(問い合わせメール)

入力方法(充電方法)

suaoki
PS5B
SmartTap
PowerArQ
Anker
PowerHouse
SokarOak
PS17650A
 家庭用コンセント ACアダプタ:(DC端子に入力)
14V~40V(標準:72W/29.4V)
充電方式:CCCV方式
充電入力電圧:25.2V
定格電流:最大3.5A
充電終了電流:500mA
バッテリーセルフル電圧:4.2V
フル充電時間:約7〜9時間
入力口径:DC8mm
ACアダプタ:
DC 16.8V / 7.5A
DCアダプタ:
12V~20V (標準:72W/29.4V)
 カーチャージャー
(シガーソケット)
12/24V(DC端子に入力) 車載シガーソケットアダプター付属
12V/24V
(説明に12Vで必ず充電の記載あり)
ソーラーパネル 14V~40V/10A
コネクタはMC4規格
(電源を手動でONにする必要あり)
MC4変換ケーブル開発中
(2018年リリース予定)
オートチャージ機能
 専用品(未発売)
Q&A情報:
・説明書には、オプション「PowerPort+Solar」と記載あり
・ケーブルを自作して接続
12.6V~20V
SolarOak ソーラーパネル100W/60W/50Wとのご利用をお勧め
(パソコン充電用ケーブルを使用)
その他 ご注意:
①suaoki 60wソーラーパネルと本製品の接続方法は、ソーラーパネルに付属したパソコン充電用ケーブルを使って、ポータブル電源のadapter charging port端子に接続すれば、充電できます。
②ソーラーパネルとACアダプター充電器を同時に利用して、充電してはいけません。
③内蔵バッテリーを保護するため、製品は使用しない
長期保管も3カ月に1回の充電でOK
LG製リチウムイオン電池採用
Battery Management System
パススルー充電
オートチャージ機能
急速充電、100Wクラス
アクティブ方式のセル・バランシングを採用することで、バッテリーのエネルギー効率を最適化すると同時に、バッテリーの寿命も長期化しています。 ソーラーパネルとACアダプター充電器を同時に利用して、充電してはいけません

3ヶ月に一回フル充電して保管

注意:
amazonでの説明が曖昧です。
気になる部分がある場合は購入前に販売店に相談してください

出力方法

suaoki
PS5B
SmartTap
PowerArQ
Anker
PowerHouse
SokarOak
PS17650A
AC:
家庭用コンセント
2口
正弦波
300W
50Hz/60Hz切替可能
1口
正弦波 Pure Sine-Wave
300W(最大500W)
1口
120W
110V / 1.09A
3口
純正弦波
(最大400W)
60Hz(50Hz/60Hz 変換可能)
DC12Vシガーライターソケット 1口
12V/120W
1口
12V/10A
(DCと共用)
1口
12V / 10A
1口
DC12V/15A(最大)
DC12V出力 2口
5V/3A
2口
6.5mm(6514)
12V/10A
(シガーと共用)
 2口
USB出力 4口
5V/3.5A
3口
5V/2.1A&1.1A
4口
5V / 6A
(各ポート最大2.4A)
(PowerIQ対応)
 3口
5V/2.5A(最大)
その他 ジャンプスタート端子:急なバッテリー上がりも自分で簡単に車を始動できます。(12V/600A)
ジャンプスタート出力電圧:12V/600A(最大)
 AC電源に正弦波の記載がないので、精密機器に使用する際は確認してください。  注意:
amazonでの説明が曖昧です。
気になる部分がある場合は購入前に販売店に相談してください

2016年11月に買ったsuaokiは60Hz固定のものでした。
販売日2017年4月24日からの注文商品は50Hz/60Hz変換可能になります と以前の商品ページには記載されていました。
少しずつ改良されていくみたいです。

付属品

suaoki
PS5B
SmartTap
PowerArQ
Anker
PowerHouse
SokarOak
PS17650A
本体、ACアダプタ、説明書 ◯(304cm)
シガーソケットアダプター ◯(車の充電ケーブル)  ー
カーチャージャー ◯(ジャンプスタータークランプ)  ー
USBケーブル ◯Micro USB (60cm)
DCケーブル
ソーラー充電ケーブル ◯(MC4規格)
注意:
amazonでの説明が曖昧です。
気になる部分がある場合は購入前に販売店に相談してください

終わりに

太陽光発電で操作不要で充電してほしいならオートチャージ機能があるSmartTap決まりですかね。
電気契約なしの無人の家でソーラーパネルを取付けて、タイマーとつなげて夜の照明を灯したりきるかな。
せっかくのオートチャージなので、数台繋げたり、他のリチウムイオンバッテリーを繋げられたり、容量も大きくできたりするといいと思う。劣化が早くなるのは嫌だけど。
Q&Aによると、充電しながらの電源使用もOKみたいです。他社製品はできないので大きな魅力です。
ソーラーに繋げたまま使用できるのはいいですね。

キャンプや車中泊には、シガーソケット充電もできるsuaoki PS5B、SolarOakがいいかも。通常のACアダプタ充電と比べて時間が掛かるので注意です。
suaoki PS5Bなら万が一、車のバッテリーがあがった際もジャンプスターターがあるので安心です。使い切っていたらどうしようもありませんが、

なんとなく比較してみましたが、suaokiのPS5Bが一番いいように感じます。
1年経ちましたが、不具合は感じません。
元の商品ページにはたくさんのレビューがあって参考になったのですが、そのページがなくなって残念です。
復活しないのかな?

保存してあったレビュー掲載しています。→こちら
ごめんなさい。非公開にしました。(2018-10-03)

先日(2017年11月23日)販売元のBuyUwishからメールがきました。
アダプタ充電器が新しくなったので、送ってくれるとのことです。
12月19日現在まだ届いてませんが、届いたら以前のものと比べてみたいと思います。

アダプター届きました。
事故を起こしての対策品とのことです。

リコール対策アダプターについて記事書きました。→こちら

当サイトオススメのポータブル電源はsuaoki PS5B 120000mAh /400Wh です。

おまけ

SmartTap ポータブル電源のamazonのページの画像には面白いものがありました。

比較表です。
元画像です→クリック

SmartTapがプレミアムチョイスみたいです。
この比較表のsuaokiの金額は今よりちょっと高い金額になってます。

この記事の機種も含めて比較しました。合わせてどうぞ。

大容量ポータブル電源 8機種 比較しました

2018.03.10
大容量ポータブル電源 比較 4種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo