MENU

CATEGORY

【高温注意】ポータブル電源(リチウムイオン電池)は熱で劣化スピードが加速します

【高温注意】ポータブル電源(リチウムイオン電池)は熱で劣化スピードが加速します

キニ美ちゃん
キニ美ちゃん

暑い日がつづきます。

40℃を記録する日もあってびっくり。

キニモノくん
キニモノくん

ポータブル電源(リチウムイオン電池)は高温が苦手なので、使うときはもちろん、保管にも注意してください。

キニ美ちゃん
キニ美ちゃん

車の中での保管はやめましょう

ポータブル電源を長く使いたいと思ったら、

熱を避ける

のがおすすめです!

リチウムイオン電池の保管温度は約45℃

車をよく利用する場合、ポータブル電源を車内で保管している人も多いと思います。

オオノ(中の人)
オオノ(中の人)

僕も車の中に保管していました。
(便利だったので、、)

参照

リチウムイオン電池の最高許容周囲温度は、約45℃といわれています。

高温の環境に置くと、それだけで電池の劣化が進みます。

例えば、直射日光下の車のダッシュボードや暖房の前に放置してしまう、などです。

スマートフォンでも、充電をしながらフルセグでテレビを視聴するなどで、45℃を超えてしまうこともあるのです。

バッテリーは劣化する!ムダな劣化を防ぐ4つのポイント 
FUJITSU FMVサポート

車の中の温度は夏場は50℃を超え、ダッシュボード付近は70℃に達します。

車内でポータブル電源を直射日光に晒したら、ダッシュボードと同じくらいの温度になると思います。

ポータブル電源を使っていなければ大丈夫かなと思っていましたが、大丈夫じゃないようです。

キニモノくん
キニモノくん

決して安くないポータブル電源。

長く使うためにも保管はできるだけ涼しい場所で!

オオノ(中の人)
オオノ(中の人)

家の中で保管することにしました!

熱&満充電によって劣化が加速

キニ美ちゃん
キニ美ちゃん

熱によって劣化が加速するという情報がありました。

参照

1つめの原因(リチウムイオン電池の劣化)は、電極自体の劣化です。

負極材料として使用されている炭素の分子構造が徐々に変化することで、炭素内に収められるリチウムイオンの量が減ります。

この変化は熱によって加速され、また充電されている状態でも加速されます。

例えば、携帯電話を自宅で毎晩充電器に載せるような使い方をしていると、バッテリはほぼ常に満充電状態になります。

この状態で暑い屋外に外出したり、車のダッシュボードに放置したりすると、バッテリの劣化は急速に進行します。

また、充電量30%以下・保存温度15℃以下であれば、1年間の保存でも数%の容量劣化で収まりますが、満充電・45℃で保存すると、6ヶ月間の保管で60%程度の容量レベルにまで劣化するという調査結果もあるそうです。

第127回 デジタル生活で活躍するバッテリの劣化はなぜ起こるの?
TDK

容量劣化について保管温度「15℃なら数%」「45℃だと40%程度」と読み取れます。

保管温度の差で劣化の差も10倍近くでるようです。
(1年間45℃の環境はないでしょうが、、)

特に、満充電での保管がリチウムイオン電池には悪い影響があるようなので、あまり使わないポータブル電源は充電量を30%程度にしておいた方がよさそうです。

使用中も涼しい場所で

ポータブル電源の保管で劣化する可能性について紹介しましたが、ポータブル電源の使用中も高温にならないように注意する必要があります。

ポータブル電源の充電中、出力中はリチウムイオン電池が熱を発生させます。

小さな容量のものは本体がアルミだったり、放熱用の開口があります。

大きな容量のものは、ファンが設置されていて本体が熱を持つとファンが回転して放熱します。

ポータブル電源を使用する際は、なるべく周囲に物を置かないようにして少しでも本体の温度が上がらないようにしましょう。

オオノ(中の人)
オオノ(中の人)

車で利用する際は物に埋もれた中にポータブル電源を設置していました。

これからはやめます。

熱による火災はもちろん、リチウムイオン電池の寿命を延ばすことにもなります。

キニ美ちゃん
キニ美ちゃん

使うときは、涼しい場所でね!

ポータブル電源を長く使うために【熱を避ける】

ポータブル電源を長く使うために大事なのが、いかに熱を下げられるかがポイントです。

  • 涼しい場所で使用する
  • 涼しい場所で保管する
  • 夏の車内保管はしない
  • 直射日光に当てない
  • 保管するときの充電量は30%
    (充電量のおすすめ説明書などで確認してください)
  • 連続使用した(出力・充電)後は休ませる
  • 常時満充電を避ける(使用する直前に満充電にする)
  • 容量を使い切らない(過放電)
  • パススルー(充電しながら出力)は避ける
キニ美ちゃん
キニ美ちゃん

熱を避けるようにしましょう。

基本的にポータブル電源はBMS(バッテリーマネジメントシステム)によって管理されているので、過充電や極端な温度上昇などの動作はしないはずです。

所有するポータブル電源の説明書に書かれている注意事項を守って使用すれば、神経質になることもないと思います。

ポータブル電源をより長く使いたいと思ったら、熱を持たないように使用するのがおすすめです。

キニモノくん
キニモノくん

少し気を使うだけで寿命が延びるかもしれません。

あとがき

オオノ(中の人)
オオノ(中の人)

今回の記事は知り合い(Aさん)からポータブル電原を聞かれたところからはじまりました。

Aさん:
仕事柄、車で充電する機会が多いからおすすめのポータブル電源教えて

オオノ:
いいよ!条件を細かく教えて

条件

  • 車で使用、保管も車
  • 基本的に繋げっぱなしで利用
    (パススルー)
  • 運転席と助手席に収まる筒型形状がいい
    (操作、端子がまとまっているタイプ)
  • 利用はUSBが主
  • 正弦波
  • 【suaoki S670】を検討中

この条件をもらって、おすすめを探しました。

今まであまり気にもしなかった車での保管ですが、なんとなくコンデンサの劣化が気になって調べたのがはじまりでした。

コンデンサは10℃温度が下がると寿命が2倍になるという情報があって、リチウムイオン電池のことも気になって調べました。

すると、高温で劣化する情報が、、

夏の車の中は間違いなく45℃は超えています。
保管だけでも問題ですが、その中で使用すれば更にポータブル電源の温度は上昇します。
劣化スピードMAXです。
その記事を読んですぐにポータブル電源を家の中に移しました。

Aさんにまずは、劣化の話はせず候補を【suaoki S670】と同価格帯から紹介しました。

suaoki S670

参考価格 ¥79,880 

電圧が110Vなのが気になるけど、AC出力はパソコンなどのACアダプターを利用するなら問題なし。

出力端子がたくさんあるし、suaokiならソーラーパネルと相性がいいはず。
(ソーラーパネルは使う予定はないけど、、)

候補1 GP1000 コスパに優れた高容量、高出力

参考価格 ¥78,000

AC出力は電圧100Vで高出力の1000W。
利用できるアイテムがたくさん増えるので、おすすめ。

液晶パネルの残量表示が5段階から%表示になった(戻った)のもうれしいポイント。

容量1000Whで78,000円と1Whあたり78円とコストパフォーマンスがすごくいいポータブル電源。

Aさん:
Amazonでしか探してなかったから、気が付かなかった。
1000Wの高出力は魅力的だね。
(使うかどうかはわからないけど、、)

候補2 MIGHTY FMラジオ Bluetoothスピーカー 防塵・防水

参考価格 ¥79,800

キャンプが趣味なAさん。Bluetoothスピーカーが付いたモデルもどうかな?と

災害時はスマホなどは電波の心配があるけど、ラジオなら受信できます。

車での使用なので、ジャンプスターターがあれば安心かな、と提案。

Aさん:
スピーカーの性能が気になるところ。
ラジオは使わないだろうね。
ジャンプスターターが付いているのはいいかも!?
形状が三角なのが気になる。上に物が載せられないね。

リチウムイオン電池が熱で劣化しやすいことを伝える

オオノ:
リチウムイオン電池が熱で劣化するって知ってます?
使ってなくても、高温下で保管するとダメみたいです。

Aさん:
えっ 何それ 知らないよ。
車に置いとけないじゃん。

オオノ:
パススルーも一応やめておいた方がいいですよ。
電池に負担がかかるんでね。

Aさん:
電池の寿命が短くなるなら、寿命が長いポータブル電源がいいね。
リン酸鉄(LiFePO4)にしようかな。

オオノ:
確かに、寿命が長ければその分は長く使えますね。

Aさん:
車で使うならやっぱり容量が大きくなくてもいいかも。
容量が小さくてリン酸鉄(LiFePO4)ってどんなのがある?

ということで、リン酸鉄(LiFePO4)のポータブル電源を候補にすることになりました。

候補3 SUPA 384Wh

参考価格 ¥37,800

Aさんが元々候補にしていたポータブル電源です。

候補4 Beaudens 384Wh

BEAUDENS
長寿命のリン酸鉄リチウム(LiFePO4)バッテリー採用
サイクル回数2,000回

参考価格 ¥36,880

【SUPA】と販売店違いの同一商品だと思われます。

【SUPA】と比較して【Beaudens】の方がポータブル電源を以前から扱っていますし、容量も大小揃えていて安心できる気がします。

Aさん:
【SUPA】とロゴ以外一緒みたいだね。
今在庫ないみたい、、

Aさんは迷い中

結局Aさんは、仕事で毎日車の中で保管&使用することになるのでどのレベルのポータブル電源にするか迷い中です。

車で毎日使用するなら、寿命をあまり意識しない方がよさそうです。

Aさんは「SUPA」を購入しました!

悩んだAさん。

SUPAのポータブル電源を購入しました。

よくよく考えたら、リチウムイオン電池が含まれる機器をたくさん車に保管していました。

ノートPC、電動工具、モバイルバッテリーなど。
これからも車に入れっぱなしだから、温度のことは考えないことにするみたいです。

車から降りる時はサンシェードを利用して、少しでも車内の温度を下げるようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =