amazon【ポータブル電源】売れ筋ランキングへ

【電圧】ポータブル電源のAC出力電圧は100V、110V、120Vなど | どうして100Vにしないの?

ポータブル電源の電圧は100V、110V、120V

ポータブル電源なキニモノくん( @Kinimono_naka)です。

ポータブル電源のAC出力をチェックしていると、出力電圧が100Vではないことに気が付きます。

日本の家庭用コンセントの電圧は100Vです。

キニモノくん

どうして
100Vじゃないの??

今回は、電圧について紹介します。

↓ AC出力についてチェックしたいことをまとめました。
AC出力の確認ポイント
  1. 波形は正弦波か ⇒ 記事でチェック
    「正弦波」「修正正弦波」「疑似正弦波」について紹介
  2. 周波数は50Hz、60Hzのどちらか ⇒ 記事でチェック
    「周波数」について紹介
  3. 電圧は100Vか ⇒ 記事でチェック
    「110V、120V」で使用しても大丈夫?

ポータブル電源の電圧は100Vだけじゃない

日本で売られているポータブル電源のAC出力の電圧を気にしたことがありますか?

キニモノくん

電圧は100V
だけじゃないよ

販売されているポータブル電源の電圧を調べると、100V、110V、120Vのものがあります。

メーカーによって電圧に違いがあるようです。
少し調べました。

100V:SmartTap、Jackery

110V:suaoki、ANKER、PowerOak

120Vは例えば下記 ↓ の商品
(記事公開時点で消えてしまいました)

100V以外で電化製品を使っても大丈夫?

110V、120Vでの出力で使用した場合、電化製品が故障したり、寿命が短くなる可能性があります。

説明書や、商品自体に対応した電圧について記載があると思うので、その範囲での使用がおすすめです。

100V以外で電化製品を利用する場合は、普段と違う動作、異常発熱、異臭などに注意してください。

キニモノくん

異常を感じたら
使用を中止しましょう

ACアダプターなら大丈夫!?

suaoki G500 ACアダプター LP-2430

画像はsuaoki G500のACアダプターです。
「INPUT:100-240V」と記載されています。ノートパソコンのACアダプターを確認してもこの記載がありました。

ACアダプターや、iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレットの充電器には「100-240V」と記載されているものがほとんどだと思います。

これらは、110V、120Vでも問題なく利用できます

キニモノくん

一応、
アダプターでも入力電圧をチェックしてね

入力電圧が100Vだけだったら、使用時は自己責任で注意しながら使ってください。

110V、120V電圧のポータブル電源を安全に使うには変圧器を使ったほうが安心です

110V、120Vのポータブル電源を安全に使うには、電圧を100Vにしてあげれば大丈夫です。

変圧器を利用して、電圧を100Vにしてあげましょう。

↑ こちらの商品は1500Wまで対応しています。口コミも結構いいです。
入力電圧はAC110~127V(50/60Hz)に対応しています。

↑ こちらの商品は1100Wまで対応しています。

↑ こちらの商品は550Wまで対応しています。

使用予定のワット数の2倍くらいの余裕があるものを選ぶといいと思います。

キニモノくん

これで家電も長持ち

海外旅行用にいろいろなトランス(変圧器)があるので、ぴったりのもの見つけてください。

amazonで検索 ⇒ 「変圧 100V 旅行」

世界の電気の電圧

日本と同じ100Vの国はないようです。
(北朝鮮がそうかも)

ポータブル電源の110V~120Vがどの国で採用されているのか調べました。

110Vの国(地域)

台湾、韓国、インドネシア、サイパン、メキシコ、パナマ、ハイチ、ジャマイカ、

115Vの国(地域)

モロッコ

120Vの国(地域)

ハワイ、グアム、アメリカ、カナダ、ガテマラ、コロンビア

その他の国の電圧

他には、127V、220V、230V、240Vの地域が存在します。

キニモノくん

みんなバラバラです

どうしてバラバラなのか調べてみると、ヤフー知恵袋に「歴史的な背景ではないか」と回答がありました。
統一するのは難しそうです。

どうして日本は100Vなのか?

ネットで検索してみました。

100Vにした理由
  • 感電した際に電圧が低いほうが人体への衝撃が少ない
  • 事故防止、安全性の重視
  • 1887(明治20年)に直流で送電を開始
  • 1890(明治30年)に交流2000Vで送電、直流にして家庭に配電
  • 電圧を統一した大正時代に普及していた電球が100V用だった
  • アメリカの110Vに合わせたら電球の寿命が短くなった

おすすめポータブル電源の電圧

amazonほしい物ランキング ⇒ こちら

↑ 2019-07-15 9:38時点で10位までにランクインしていた商品の電圧を調べました。

ランクインしたポータブル電源の100V、110V、100~120Vの3タイプでした。

「100V」の商品が4台
「110V」が5台
「100~120V」が1台 でした。

100Vのポータブル電源

【第1位】SmartTap_PowerArQ_626Wh

【第6位】Jackery_400

Jackery
1,000円OFFクーポンコード(併用可)
VVIFN8AV
8/31(土)23:59まで

【第8位】Jackery_700

Jackery
1,000円OFFクーポンコード(併用可)
VVIFN8AV
8/31(土)23:59まで

【第10位】LACITA_エナーボックス

110Vのポータブル電源

【第2位】suaoki_PS5B

【第3位】suaoki_G500

【第4位】Anker_PowerHouse

【第5位】suoaki_S270

【第7位】suoaki_G1200

100~120Vのポータブル電源

【第9位】e-life-line_462Wh

電圧をチェックして安全に使用しましょう

日本で販売しているので、全てのポータブル電源が100Vになっていればいいのですが、ポータブル電源は日本だけで売られているわけではありません。

ポータブル電源を100Vに対応させないのは、100Vが日本だけだからかも知れませんね。

海外(中国)メーカーが多いポータブル電源なので、他の国用に作ったものを、日本でも販売しているという感じでしょうか。

家電などは本体、説明書に記載があるので電圧をチェックして、ポータブル電源のAC出力がそれに対応していない場合は、様子をみながら使用するのがいいと思います。

キニモノくん

気をつけて
使いましょう

キニモノくん( @Kinimono_naka)でした。

↓ AC出力についてチェックしたいことをまとめました。
AC出力の確認ポイント
  1. 波形は正弦波か ⇒ 記事でチェック
    「正弦波」「修正正弦波」「疑似正弦波」について紹介
  2. 周波数は50Hz、60Hzのどちらか ⇒ 記事でチェック
    「周波数」について紹介
  3. 電圧は100Vか ⇒ 記事でチェック
    「110V、120V」で使用しても大丈夫?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =

wp-puzzle.com logo