アマゾンお得に買物する方法 1000円還元

【LACITA ENERBOX 444Wh】を詳しく紹介 | 三元系リチウムポリマー電池を採用して長寿命化、ハイパワー

LACITA ENERBOXを詳しく紹介

今日もポータブル電源なキニモノくん( @Kinimono_naka)です。

キニモノくん

今回は『LACITA ENERBOX 444Wh』の紹介です。
LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

LACITA ENERBOX のおすすめポイント

LACITA エナーボックス おすすめポイント
  1. 軽量で小型
  2. 444Wh の大容量
  3. 三元系リチウムポリマー電池 採用
  4. AC出力400W(合計)で3口
  5. 日本人スタッフによるサポート

おすすめポイントを含め、じっくり『LACITA ENERBOX 444Wh』を見ていきます。

LACITA ENERBOX 容量、サイズ、重量

容量:444Wh/120000mAh(3.7V)

容量は444Wh。この容量は5万円前後で購入できライバル機種も多い容量です。

キャンプや車中泊では十分な容量です。

120Ah*3.7V=444Wh

サイズ:303*134*184mm 重量5.6kg

エナーボックスは444Whで体積は7470cm3で5kg

suaoki PS5Bは400Whで体積は7406cm3で5.6kg

Anker PowerHouseは434Whで体積は4125cm3で4.2kg

体積、重量で比べるとAnker PowerHouseの小ささに驚きます。

入力・出力ポートや機能に違いがあるので単純に大きさを比べる難しい感じです。

エナーボックスはAC出力が3口あります。

キニモノくん

十分コンパクトだと思います

LACITA ENERBOX 三元系リチウムポリマー電池

バッテリーは通常のリチウムイオン電池ではなく、三元系リチウムポリマー電池を採用しています。

キニモノくん

調べました

リチウムポリマー電池(LiPo電池)

  • 電解質にゲル状のポリマー(高分子)を使う充電可能のバッテリー
  • 高エネルギー密度と高性能が可能
  • 通称:リポバッテリー

デジカメ用リチウムポリマーバッテリー

スマホなどに使用されているリチウムポリマーバッテリー。危険性も指摘されています。

注意
リチウムポリマー電池の危険性

  • バッテリーが膨らんでいる場合、過充電などで可燃性ガスが発生している可能性があるので、使用を中止する
  • 専用の充電器を利用する必要がある
    (LACITA ENERBOXは充電器自体は内蔵していると思います)
  • 保管時には過放電にならない程度に放電しておくことが望ましい
    LACITA ENERBOXはBMSで管理していると思います)
  • 充電状態で保管すると内部短絡等で発火に至る場合がある
    (LACITA ENERBOXはBMSで管理していると思います)
  • 折り曲げたり強い衝撃を受けたりすると内部が短絡する可能性がある
    内部が短絡した状態で充放電を行うと最悪の場合発火、炎上する可能性がある
    (LACITA ENERBOXは外装がしっかりしていると思いますが、落下等させた際は外部は問題なくても内部損傷の可能性があります)

三元系リチウムイオン電池
通常のリチウムイオン電池は正極材にコバルト酸リチウム(LiCoO2)を使用していますが、
三元系は正極材にニッケル、マンガン、コバルト(LiNixMnyCozO2)の三元素を使用するもので、2000年に日本とアメリカで開発されました。
コバルト系よりも安全性を高め長寿命化を実現、車などに採用されています。

エナーボックス 三元系リチウムポリマー
エナーボックス リチウムイオン1860

ほとんどのポータブル電源が18650のリチウムイオン電池を採用しています。
三元系リチウムポリマーは図からもわかりますが、電池寿命とハイパワーに優れているようです。

「三元系」の安全性で、「リチウムポリマー」の危険性をカバーしているということでしょうか。

LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

LACITA ENERBOX 400WのAC出力(合計)で3口

出力電圧:100V
周波数:60Hz
定格出力:400W
出力波形:純正弦波

エナーボックス AC出力

18650リチウムイオン電池を採用している同容量のポータブル電源のAC出力は300W程度のものがほとんどです。

LACITA ENERBOX 444Wh』は三元系リチウムポリマーを採用しているので、400Wの高出力が可能になっています。
(瞬間最大出力はわかりません)

AC出力数は3口あります。

MEMO
AC出力の注意点:
周波数が60Hzの固定になっています。50Hzの電化製品を使用しないようにしてください。

↓ AC出力についてチェックしたいことをまとめました。
AC出力の確認ポイント
  1. 波形は正弦波か ⇒ 記事でチェック波形を確認(正弦波)
    「正弦波」「修正正弦波」「疑似正弦波」について紹介
  2. 周波数は50Hz、60Hzのどちらか ⇒ 記事でチェック周波数を確認(50or60)
    「周波数」について紹介
  3. 電圧は100Vか ⇒ 記事でチェック電圧を確認(100V,110V)
    「110V、120V」で使用しても大丈夫?

LACITA ENERBOX 充電方法

ACアダプターからの充電

ENERBOX アダプター01

付属のACアダプターから充電できます。充電時間は約7時間です。

ACアダプター使用

  • 入力:AC100-240V / 2.5A
    50 / 60Hz
  • 出力:90W(DC15V / 6A)

カーチャージャーで充電(別売)

型番:CITAEBCC02
入力:DC10V-30V
出力:90W / DC15V / 6A(最大)
重量:約285g
本体サイズ:102.5mm x 63mm x 35mm
ケーブル全長:1850mm
DC出力プラグ形状:外形5.5mm、内径2.1mm、長さ10mm

LACITA純正のカーチャージャーです。
車でも90Wで充電ができて便利です。ちょっと高価ですが。

商品説明によると、
対応する電圧で、プラグ形状が合えば他のポータブル電源も充電できるようです。

↑ 300Wの正弦波インバーターです。
こちらならACアダプターを使って充電できますし、USBなんかも使えていいかもしれません。

ソーラーパネルで充電(別売)

DC出力:81W/18V/4.5A。
USB出力:10W/5V/2A。
発電効率:20%。
パネル表面:フッ素樹脂コーティング。
材質:撥水加工生地・UV加工、ポリエステル・600D。ケーブル:5521DC、ケーブル3.5m。

LACITA純正のソーラーパネルです。

DC端子が同じものなら他のメーカーでも大丈夫だと思います。

ソーラーパネル一覧 ⇒ こちら

ソーラーパネル一覧 【2019年7月23日更新41種】ソーラーパネル一覧 オプションも紹介しています

LACITA ENERBOX USB出力

5V / 2.1A(各ポート最大10.5W)

USB端子は3口あります。

LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

LACITA ENERBOX DC、シガーソケット出力

出力電圧:9~12.6V
出力電流:10A
出力電力:110W

LACITA ENERBOX パススルーでの使用

充電しながらの給電について、説明書に解説がありました。

パススルーの注意点
  • 出力は80W以下にする
  • 電池残量20%以上の状態で使用
  • パススルーでの使用はバッテリーを劣化させる恐れがあります

キニモノくん

パススルーは
非常時のみにしましょう

LACITA ENERBOX 日本人によるサポート

海外メーカーが多いポータブル電源。
日本人スタッフが対応してくれるのは安心です。

LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

LACITA ENERBOX 仕様

キニモノくん

仕様一覧で
まとめてチェック
商品名
エナーボックス(ENERBOX01)
品番 CITAEB-01
容量
444Wh/120000mAh(3.7V)
内蔵バッテリー
三元系リチウムポリマー電池
AC出力 電圧 100V
周波数 60Hz
定格出力 400W
波形 純正弦波
DC出力
シガーソケット
電圧 / 電流 9V~12.6V / 10A
電力 110W(最大)
USB出力 電圧 5V
電流 2.1A(最大)
電菱表示 LEDインジケーター
DC入力 電圧 12.5~24V
電流 6A(最大)
ACアダプター
充電時間
約7時間
動作適応温度 -10~40℃
サイクル回数 500回以上
サイズ 303*134*184mm
重量 約5kg
同梱品 本体
90W ACアダプター(本体充電用)
取扱説明書

LACITA ENERBOX の購入はこちらから

LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

LACITA 公式サイト

参考 LACITA – Dream on your journeyLACITA

↑ LACITAの公式サイトです。
『説明書』のダウンロードも可能です。
購入前にチェックするのもおすすめです。

LACITA ENERBOX と同容量の他の製品をチェック

他社製の同程度の容量のポータブル電源のチェックは ↓ こちらから
ポータブル電源の一覧の記事にリンクしています。

【他の製品をチェック】する(キニモノ。内)

上下にスライド(スクロール)すると容量の近い順から表示されます。
(商品数が多いため、ページの読み込みに時間が掛かります)

 

これで『LACITA ENERBOX 444Wh』の紹介はおしまいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
質問があればお気軽に、コメント欄お問い合わせフォームからどうぞ。
キニモノくん( @Kinimono_naka)でした。

LACITA
amazonで 100,980 ⇒ 42,330円
特選タイムセール12/9(月)23:59まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 1 =

wp-puzzle.com logo