MENU

CATEGORY

【おすすめ8機種を比較】大容量ポータブル電源の各項目をチェックしながらわかりやすく比較

大容量ポータブル電源おすすめ8機種比較しました【2019年7月版】

こちらの記事は2019年に作成した内容ですが、ポータブル電源はスマホなどのようにモデルチェンジがありません。
どれも2020年も販売されているモデルになります。

同じモデルでも改良がされてるポータブル電源もあります。
ここにピックアップしたモデルはどれも2020年も安心して使用できるおすすめのモデルです。

使用環境、好みに合わせてぴったりのポータブル電源を見つけてください。

キニモノくん

比較して
同時にチェック!
MEMO
数値など、情報は注意を払って入力していますが、誤入力の可能性もあります。
改めて、購入の際は該当商品ページ、サポートで性能等を確認してから購入してください。

記事内数値は最新のものでない場合があります。
(指摘があれば、訂正します。情報お寄せください)

以前の記事は

2018年9月作成 ⇒ こちら『大容量ポータブル電源 8機種 比較しました』
2019-09 ポータブル電源 8機種比較しました 【2018年9月】大容量ポータブル電源のおすすめ8機種を比較

2018年1月作成 ⇒ こちら『大容量ポータブル電源 8機種 比較しました』
大容量ポータブル電源 おすすめ8機種を比較 【2018年1月】大容量ポータブル電源のおすすめ8機種比較

紹介する機種は2019年7月29日に『amazon売れ筋ランキング』400Wh以上の機種を上位から8機種ピックアップしました。

キニモノくん

この8機種を
比較します!

大容量ポータブル電源 容量を比較

キニモノくん

容量を比較します。

容量は、どれくらいの電気を何時間使えるのかの目安として重要です

SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
容量626Wh500Wh400Wh704.6Wh409.5Wh434Wh444Wh462Wh
174,000mAh137,700mAh
3.6V
45.05Ah11.1V
120,000mAh32Ah
22.02V
27.9Ah
14.68V
120,600mAh120,000mAh124,800mAh
放電深度
DOD
450Wh
90%
320Wh
80%
重量6.0kg6.8kg5.6kg6.3kg3.54kg4.2kg5kg不明
バッテリー
セルタイプ
リチウムイオン
・BAK製18650
リチウムイオン
・サムスン18650
・サムスンCET
リチウムイオン
・サムスン18650
・サムスンCET
リチウムイオン
・18650
リチウムイオン
・18650
リチウムイオン三元系
リチウムポリマー
リチウムイオン

放電深度(実際に使える容量)については、『suaoki G500』と『PS5B』しかわかりません。
他の機種も『PS5B』と同じく80%程度しか使用できないと思っておいた方がいいかもしれません。

MEMO
放電深度

二次電池の放電容量に対する放電量の比のこと。DODとも呼ばれます。
何サイクルもの使用が前提となる二次電池では、サイクル寿命が放電深度に強く依存していることが知られており、浅い放電深度で使用したほうが寿命は長くなると言われています。 (中略)サイクル寿命は放電深度が深いほど、そして使用温度の上昇と共に短くなるとされていますが、この影響は鉛蓄電池ほどではありません。 製品によっては仕様書等に放電深度ごとの想定サイクル寿命が記載されていますが、これを見てもわかるように、放電深度が深くなるほどサイクル回数は減少する傾向であることがわかります。
出典:蓄電池バンク

どれくらいの時間 家電が使えるか計算

家電を何時間使用できるか計算してみてください。


※家電ワット数(W)はポータブル電源の定格出力以下としてください

充電可能回数を計算

iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレット、DJIなどのドローンのバッテリーなど何回充電できるか試してみてください。

↓ 使用予定のアイテムをamazonで検索して容量をチェックしてください。

 

大容量ポータブル電源 価格を比較

キニモノくん

価格を比較します。
SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
amazon
2019-07-29
12:00時点
新品最低価格
64,800円
中古品最低価格
54,000円
新品最低価格
59,880円
中古品最低価格
掲載なし
新品最低価格
39,800円
中古品最低価格
掲載なし
新品最低価格
79,800円
中古品最低価格
掲載なし
新品最低価格
44,800円
中古品最低価格
掲載なし
新品最低価格
49,800円
中古品最低価格
43,800円
新品最低価格
54,800円
中古品最低価格
掲載なし
新品最低価格
47,061円
中古品最低価格
掲載なし
Y!ショッピング
2019-07-29
12:00時点
63,504円59,880円31,410円
セール価格
検索する49,808円49,800円54,700円57,001円
楽天市場
2019-07-29
12:00時点
64,800円59,880円39,880円95,800円58,200円49,800円43,840円検索する
円 / Wh101.4円
63,504円時
119.8円
59,880円時
78.5円
31,410円時
113.3円
79,800円時
109.4円
44,800円時
114.7円
49,800円時
98.7円
43,840円時
101.9円
47,061円時

各ポータブル電源共、タイムセールなどでお値打ちになったりするので、こまめに商品ページをチェックするのがオススメです。

「円 / Wh」が100円を切っていればお値打ちだと思います

容量あたりの単価を計算

大容量ポータブル電源 出力を比較

キニモノくん

出力をチェック!

AC出力(家庭用電源)

家庭用のコンセントが使えるAC出力。使い途が膨らみます。
家電製品の場合、通常出力は少なくても、電源を入れる時に大きな出力が必要な製品があります。
最大出力が設定されている製品はその辺も安心です。

SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
口数1口2口2口2口1口1口3口2口
電圧100V110V110V100V100V110V100V100-120V
周波数60Hz50Hz/60Hz
切替可能
50Hz/60Hz
切替可能
60Hz60Hz60Hz60Hz50Hz/60Hz
切替可能
定格出力300W 300W 300W 500W200W 120W400W300W
最大出力500W 600W600W1000W400W600W
Wh/出力626Wh
2.08時間
500Wh
1.66時間
400Wh
1.33時間
704.6Wh
1.41時間
409.5Wh
2.05時間
434Wh
3.61時間
444Wh
1.11時間
462Wh
1.54時間

電圧:
日本の一般的な家庭用コンセントは100Vになります。
110Vのものは、使用する機器に影響を与える可能性があります。動作がおかしい場合はそのまま使用すると故障する場合があります。
注意してください。

電圧について詳しくは ⇒ こちらの記事へ電圧(100、110、120V)

ポータブル電源の電圧は100V、110V、120V 【電圧】ポータブル電源のAC出力電圧は100V、110V、120Vなど | どうして100Vにしないの?

正弦波:
※PowerHouse「正弦波」について商品説明には記載ありませんamazonのレビューに投稿がります。

正弦波の前に「純」「純正」とあるものもありますが、意味はないと思います。(通常の正弦波)
疑似、修正」とあったら注意です。家電が壊れるかもしれないので、使用する際は気をつけてください。
今回の8機種には含まれないので、通常の家電を使ってもおそらく大丈夫です。

正弦波について詳しくは ⇒ こちらの記事へ正弦波、修正正弦波、矩形波

【正弦波・矩形波・修正正弦波】について知ろう | ポータブル電源はインバーターでDC(直流電源)をAC(交流電源)に変換しています

周波数:
※PowerHouseについて商品説明には記載ありません。amazonのレビューに60Hzと投稿がります。

50Hzと60Hzがあります。
北海道電力・東北電力・東京電力が50Hz地区
北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力が60Hz地区
中部電力が混合地区

周波数について詳しくは ⇒ こちら周波数(50Hz/60Hz)

周波数を知ろう 【周波数】50Hz/60Hzについて知ろう | おすすめのポータブル電源の周波数も紹介【amazon売れ筋ランキングTOP10】

誤った周波数でしようすると、
使用する機器によっては正常に動作しなかったり、故障したりする可能性があるので注意してください。

出力:
出力は大きい方が使える電化製品の選択肢が増えるのでいいですが、出力が大きい家電(小さなものでも複数を同時)を使った場合、バッテリーの電気が一気に減り、保護回路の関係で使える量が減ります
出力が小さい家電の場合は、バッテリーの容量近くまで使用できます。(suaoki PS5Bの説明書より)

DC出力

キニモノくん

シガーソケットは
車用の電化製品が使えるよ

車のシガープラグなどが利用できるDC出力。
車載用品が車のバッテリーの残量を気にせず使えるのはありがたいです。

SmartTap
PowerArQ
suaoki
G500
suaoki
PS5B
Jackery
700
Jackery
400
Anker
PowerHouse
LACITA
ENERBOX
e-life-line
462Wh
シガー
ソケット
1口1口
12V/10A
1口
12V/10A
1口
12V/10A
1口
12V/10A
1口
12V/10A
1口
9-12.6V/15A
DC共通
1口
9-12.6V/15A
DCポート2口
12V/3A
2口
12V/3A
6mm:2口
12V / 10A
なし6mm:2口
12V / 7A
なしなし4口
9-12.6V/5A

DCポートは差し込める径が限られるので、使い途に悩みます。
便利に使っている情報があれば、お寄せください。

コメント欄お問い合わせフォームからお気軽に投稿してください。

USB出力

キニモノくん

PD対応はまだかな

スマホ、タブレットにデジカメなど。
口数が多いほど重宝しそうです。
充電時間を短縮してくれる機能もあれば、よりありがたいです。

SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
口数3口2口4口3口2口4口3口3口
5V/2.1A
5V/1.1A
5~12V/3A
最大18W
5V/3.5A最大5V ⎓ 2.4A5V / 2.4A30W5V / 2.1A5V / 2.4A
急速
充電
1口2口
QC3.0
3.5A最大2.4A2.4APowerIQ
【※1】
2.1A1口
QC3.0
Type-C1口
5~12V/3A
最大18W
QC3.0

※1 PowerIQ ANKER社の開発した技術。機器の違いをユーザー側で意識することなく、最適な時間で充電

USB急速充電について詳しくは ⇒ こちらの記事へUSB急速充電

USB 急速充電 USB急速充電 & PD(Power Delivery)を紹介 | 規格の種類、メーカー別、スマホ別など

USB充電に関しては、Anker4口ともPowerIQに対応しており、30Wの出力で頼もしい感じです。

急速充電については、対応するシガープラグや普段家で使っているACコンセントの急速充電器を使えばいいと思います。

大容量ポータブル電源 機能を比較

キニモノくん

機能をチェック!

通常の電気を出力する以外の機能をもつものをチェックしておきます。

ジャンプスタート機能:
車の急なバッテリー上がりも、自分で車を始動できる機能

ライト:
本体に内蔵されている照明
大容量のバッテリーのおかげで長時間の点灯が可能になります。
e-life-line 462Wh』は調光することができます。

Bluetoothスピーカー:
本体にスピーカーを内蔵しているのでスマホなどから音を流すことが可能です。

↓ Bluetooth 4.0 スピーカー/10W 搭載

パススルー機能:
充電しながら給電(出力)ができる機能
パススルー
については、正式に対応していなくてもできる場合がほとんどですが、メーカーからはバッテリーの寿命を短くさせるとして推奨されていません
普段は極力避け、緊急時のみの使用にしたほうがいいと思います。

また、ポータブル電源が異常に熱を持った場合、発火の危険もあるので使用を中止したほうがいいです。

大容量ポータブル電源 充電方法を比較

キニモノくん

充電方法をチェック!
SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
AC
アダプタ
25.2V/3.5A
最大
100W
14~40V
ダプタ入力:
100-240V~
50/60Hz 1.8Amax
出力:
29.4/3A
14V~40V
アダプタ入力:
100-240V~
50/60Hz 1.8Amax
出力:
29.4/2A
12-30V
アダプタ入力:
100-240V~
50/60Hz 2.5Amax
出力:
25.2V / 3.5A
12-30V
アダプタ入力:
100-240V~
50/60Hz 2.5Amax
出力:
20V / 3.5A
DC 16.8V
/ 7.5A
12.5~24V
/6.2A
19V
/ 5A Max
入力径8mm6.5*3.0mm8mm8mmDC5521
外径:5.5mm
内径:2.1mm
充電時間7~9時間6~7時間約9.5時間約7.5時間約9時間7~8時間
シガー
ソケット
オプション
STSL300
12/24V12/24V12V
約15時間
12V
約10時間

10~12時間
ソーラーオプション
STSL300
MPPT方式
10A(最大)/14V~40V
最大150W
MC4端子
MPPT方式
10A(最大)/14V~40V
MC4端子
MPPT方式
100Wまで
12V~30V


DC入力ポート併用
MPPT方式
70Wまで
12V~30V


DC入力ポート併用
DC入力ポート併用DC入力ポート併用MPPT方式
150Wまで
14~32V


DC入力ポート併用
推奨パネル:
18V/100W

どの機種もACアダプタで充電できるのは当たり前ですね。

車中泊などでの利用の場合、シガーソケットから少しでも充電できるとありがたいと思います。
suaoki PS5B』『G500』は説明書によると、12V車ではフル充電は不可能ですが、24V車はフル充電可能だそうです。

SmartTap  PowerArQ 626Wh』はオプションの 『STSL300』 を使用することでシガープラグから充電が可能になります。
12V車でもフル充電が可能なのが特徴です。詳しくは ⇒ こちらの記事へSTSL300

注意
現在販売中の『SmartTap  PowerArQ 626Wh』ではSTSL300』が不要になりました。
付属のシガープラグを利用すれば充電が可能です。
詳しくは ⇒ こちらの記事へPowerArQ_626Wh

suaoki PS5B』『G500』にはソーラー専用のMC4規格の端子が最初から付いています。
PS5Bの説明書によると、ACアダプタとソーラーの同時使用は禁止となっています。(同時に差し込むことができるので注意が必要です)

DCポート併用のソーラーについては、ポータブル電源と同じメーカー(推奨品)のものを使ったほうが間違いありません。

他社製のソーラーパネルを使う場合は、ACアダプタの入力電圧以上の電圧をソーラーパネルが出力するものが必要になると考えていいいと思います。
各ACアダプタの入力電圧を確認してください。
充電できても、ACアダプタより高い電圧で充電した場合、ポータブル電源に不具合が起きる可能性があるので、念の為各サポートに問題がないか確認してください。

PS5Bについて充電中、ACアダプタから発火した事故が起きています。(現在販売中のものは対策アダプタになっています)
どの機種についても、充電中はコードから可燃物は避け、できるだけ目の届く位置で充電するのがオススメです。
充電が終わったら、放置せずなるべく早くコードを外すのもトラブルを避けるのに有効です。

ソーラーパネルについては ⇒ こちらソーラーパネル一覧

ソーラーパネル一覧 【2019年7月23日更新41種】ソーラーパネル一覧 オプションも紹介しています

↑ オプションのケーブルなど紹介しています。

大容量ポータブル電源 環境温度を比較

キニモノくん

使用環境の温度をチェック!

リチウムイオンバッテリーは発火の危険があります。
環境温度範囲内で動作させるのが基本です。この範囲以外だと保護機能が働いて動作しない場合があります。

SmartTap PowerArQsuaoki G500suaoki PS5BJackery 700Jackery 400Anker PowerHouseLACITA ENERBOXe-life-line 462Wh
充電0~40℃0~40℃
(理想)
湿度:
5~90%
0~45℃
湿度:
10~90%
0~40℃0~40℃0~45℃
湿度:
10~90%
-10~40℃
動作温度
0~45℃
使用温度
出力-10~40℃0~40℃
(理想)
湿度:
5~90%
-10~60℃
湿度:
10~90%
-10~40℃-10~40℃0~45℃
湿度:
10~90%
-10~40℃
動作温度
0~45℃
使用温度
保管-20~45℃-25~55℃

数値は商品ページに記載のものと、 PS5B については所有(2016-12購入品)している説明書に記載の内容も含まれます。
記載のない商品も説明書には記載があると思います。
購入した際は、しっかり確認して使用してください。

冬季に使用しようと思ったら、氷点下でも動作する製品を選択してください。

保管環境温度はどの製品ももう少し高いほうがいいですね。最近の夏は暑すぎます。

大容量ポータブル電源 安全性

キニモノくん

安全性をチェック!

重大な事故に繋がる可能性があるポータブル電源。
様々な保護機能が搭載されています。前回は商品ページで紹介されているものをチェックしていましたが、今回は掲載していません。
(ごめんなさい)

安全のための機能
  • BMS:バッテリーマネジメントシステムの略
  • MCU:マイクロコントロールユニットの略
  • 弱電流スイッチ:長時間放電が原因の障害を低減
  • 電池修復機能:電池の電圧が低すぎる時に小電流で充電
  • 電圧バランス調整:電池に平均的に充電する機能

などなど

PS5Bについて、所有(2016-12購入品)する説明書によると、
保護機能について具体的に書かれていませんが、エラーコード「E01~E24」があり、それからみると項目はほとんど備えているようです。

安全機能に関しては、どの機種もだいたい装備していると思います。

どの商品についても異常を感じたら、発火の可能性もあるので可燃物から避けて使用を中止してください。

大容量ポータブル電源 比較してのまとめ

キニモノくん

まとめです!

2019年7月29日に『amazon売れ筋ランキング』400Wh以上の機種を上位から8機種ピックアップしました。

昨年の9月に紹介した機種が5機種入っているのに驚きます。

ポータブル電源はスマホなどのように大きく進化することはないことを現している結果だと思います。
購入すれば、長い期間使用することができると思います。
(説明書をしっかり読んで誤った使用をしない場合)

うちの『suaoki PS5B』も2016年11月購入ですが、まだまだ元気です。
先日、エンジンスタータ機能を使いました。

今年はアメリカのポータブル電源メーカーの『Jackery』が本格的に日本で販売を開始しました。

↑ どちらも所有していますが、驚くのはそのコンパクトさです。
Jackery400』は『suaoki PS5B』と容量は同じで比較するとかなりコンパクト。
Jackery700』は『suaoki G500』と容量は約1.4倍なのにほぼ同じ大きさです。

今回の中でAC出力トップは500Wの『Jackery700』になります。
周波数が60Hzの固定となっています。

おすすめは『Jackery400』、『Jackery700』になります。
USBの急速充電機能は弱いですが、AC出力の電圧が100V、周波数が60Hzで正弦波です。

現在の家電はほとんど、ヘルツフリーで50 / 60Hzどちらにも対応したアイテムが多くなっています。

ACアダプターを使用するものはアダプターがほぼヘルツフリーなので『Jackery700』でも使えます。

詳しくは下記の 周波数について の記事を参照してください。

↓ AC出力についてチェックしたいことをまとめました。

AC出力の確認ポイント

  1. 波形は正弦波か ⇒ 記事でチェック波形を確認(正弦波)

    「正弦波」「修正正弦波」「疑似正弦波」について紹介
  2. 周波数は50Hz、60Hzのどちらか ⇒ 記事でチェック周波数を確認(50or60)
    「周波数」について紹介
  3. 電圧は100Vか ⇒ 記事でチェック電圧を確認(100V,110V)
    「110V、120V」で使用しても大丈夫?


↑ 周波数変換器、200Wまでしか対応していませんし、すごく高価です。

ポータブル電源を個別に紹介

比較したポータブル電源を個別に紹介します。
良い点、イマイチな点をチェックしてください。

suaoki PS5B

ジャンプスタータ端子も備えた多機能ポータブル電源の元祖!ファンレスの静音設計で車中泊、キャンプに相性抜群!

商品名: suaoki PS5B

商品紹介: suaokiは2015年に設立された中国のブランドです。日本においてポータブル電源を普及させたメーカーのひとつで、多くの人気モデルを発売しています。初期の代表モデルである【suaoki PS5B】は改良を繰り返し、安定した人気をもつポータブル電源です。

メーカー: suaoki

価格: 41980

通貨: JPY

  • レビュー
    (4.5)
総合評価
4.5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

求められる機能に、ジャンプスタータも装備しており車の電源を利用する機会の多い車中泊、スマホを何度も充電可能な容量でキャンプなどに最適なポータブル電源です。

放熱性に優れたアルミボディを採用し、AC出力300Wでありながらファンレス仕様となっています。
就寝時に少しでも音があると気になって寝られない人にはうれしい仕様。

ソーラー充電はMPPT仕様で効率よく充電が可能です。

2016年11月に購入して今も愛用中のお気に入りのポータブル電源

suaoki PS5Bを愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • 周波数(50 / 60Hz)の切替が可能
  • ジャンプスタート機能
  • 静音性(ファンレス仕様)
  • MPPT仕様でソーラーパネルで効率のいい充電が可能
  • セールでお値打ちに購入できる

イマイチな点

  • 電圧が110V
  • オートチャージ非対応
    (充電時も電源ボタンを押す必要がある)
  • 出力、入力部がまとまっていない
    (誤操作防止にはいい)

  

SmartTap PowerArQ 626Wh

アウトドアにぴったりの豊富なカラーバリエーションでキャンパーに好評!安定した機能をもつポータブル電源!
SmartTap_PowerArQ_626Wh

商品名: PowerArQ 626Wh

メーカー: SmartTap

価格: 66000

通貨: JPY

  • レビュー
    (5)
総合評価
5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

2018年626Whの大容量にコンパクトなボディのPowerArQ。

LEDライトを備えてキャンプ、非常時に活躍します。
日本人によるサポート、バッテリー交換サービス(有償)があって安心のポータブル電源。

シガーケーブルを使った車からの充電とソーラーパネルからの充電でオプションが不要になり、より使い勝手が向上しました。

豊富なカラーバリエーションがあるのが特徴です。
キャンパーに好評のアースカラーに、モダンなホワイト、ブラックも加わりました。

スタイルに合わせて楽しめる信頼性のあるポータブル電源。オススメです。

PowerArQ 626Whを愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • コンパクトな本体
    (626Whの大容量)
  • パススルー対応
  • キャンプに合う豊富なカラーリング
  • 日本人によるカスタマーサポート
  • バッテリー有償交換サービス

イマイチな点

  • スイッチを押すと操作音が鳴る
  • 液晶表示が消えてしまう
  • 周波数60Hz固定

  

suaoki G500

ソーラーパネルと相性抜群の500Whのポータブル電源。キャンプ、災害時に大活躍!
suaoki_g500

商品名: suaoki G500

メーカー: suaoki

価格: 59880

通貨: JPY

  • レビュー
    (5)
総合評価
5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

suaokiは2015年に設立された中国のブランドです。
日本でも人気のポータブル電源メーカーで【sauoki G500】はReadyFor(クラウドファウンディング)で目標額の4.6倍を集めました。

求められる機能をしっかり装え、USB出力は急速充電のQC3.0に対応し、Type-C端子もいち早く装備。
スマホだけでなく、モバイルバッテリーへの充電も素早く行えます。

500Whの容量は、キャンプなどで仲間のスマホまで十分充電可能にしてくれます。

ソーラーパネル専用のAPP端子を備えており、MPPT仕様で効率よく充電が可能です。

販売されて以来とても人気があるポータブル電源です。
うちでも2018年11月から愛用中のお気に入りのポータブル電源

suaoki G500を愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • 周波数(50 / 60Hz)の切替が可能
  • USBがQC3.0で急速充電に対応
  • Type-C出力がある
  • MPPT仕様でソーラーパネルで効率のいい充電が可能
  • セールでお値打ちに購入できる

イマイチな点

  • 電圧が110V
  • バックライトが消えると液晶表示がわからない
    (2018年後期モデルからカラー液晶になって)
  • 主電源ボタンを押す必要がある
    (PowerArQ、JackeryはAC、USBなど直接ボタンを押せば出力)
    (↑ そもそも主電源ボタンはなし)
  • 脚のゴムがとれた
    (所有しているものだけかも)
    suaoki G500

  

Jackery 700

信頼のブランドが追求!コンパクト設計&高出力がキャンプや車中泊に大活躍!
Jackery700

商品名: Jackery ポータブル電源 700

商品紹介: JackeryはアメリカでHONDAと提携してポータブル電源を販売するメーカーです。日本での販売は2019年ですが日本仕様のAC出力(電圧100V、正弦波、60Hz)に対応して、急速にシェアを伸ばしました。Jackery700は容量700Wh、AC500Wのポータブル電源として、価格、サイズなど使い勝手を追求したモデルといえます。

メーカー: Jackery Japan

価格: 79800

通貨: JPY

  • レビュー
    (5)
総合評価
5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

Jackery 700 の紹介

総合評価について

同じ重量、サイズの他社製品と比較すると、ワンランク上の容量、出力を誇ります。

持ち運びに便利な折りたたみハンドルは、折りたためばフラットになり上に物も置けます。
シガーソケットからの充電能力も高く、キャンプ、車中泊に便利。
500Wの高出力は使える家電がたくさんあるので、災害などの非常時も安心です。

『Jackery ポータブル電源 700』は一般社団法人 防災安全協会「防災製品等推奨品」に認定されました。第三者機関に認定された安心して使用できるポータブル電源です。

災害などの非常時の防災用品としての使用はもちろん、キャンプや車中泊などに活躍するポータブル電源です。

防災製品等推奨品とは
防災製品等推奨品マーク
災害時に役立つ防災製品として、一般社団法人 防災安全協会が審査を行い、推奨品として認定する制度です。
消防、防災、災害医療、非常食、製品技術、消費者(生活防災含む)等の分野の専門的な有識者による厳格な審査が必要

Jackery700を利用している皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • 大容量コンパクト
    (重量:6.33kg、サイズ)
  • 定格出力:500W
    (瞬間最大:1000W)
  • 電圧100V、正弦波のAC出力
  • セールでお値打ちに購入できる

イマイチな点

  • AC出力60Hz固定
  • USB出力がタイプAのみ
  • QC3.0、Type-C(PD)非対応
  • ソーラーパネルと接続するケーブルが付属しない

  

Jackery 400

米国でHONDAと組んだポータブル電源メーカーJackery。日本で発売した待望のモデルは驚きのコンパクト設計
Jackery ポータブル電源 400

商品名: Jackery ポータブル電源 400

商品紹介: JackeryはアメリカでHONDAと提携してポータブル電源を販売するメーカーです。日本での販売は2019年ですが日本仕様のAC出力(電圧100V、正弦波、60Hz)に対応して、急速にシェアを伸ばしました。Jackery400は容量400Wh、AC出力200Wのポータブル電源。あまりにコンパクトで手にした時驚きました。

メーカー: Jackery Japan

価格: 44800

通貨: JPY

  • レビュー
    (5)
総合評価
5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

あまりにコンパクトなサイズで本当に400Whあるのか疑ってしまうほど。

折りたたみハンドルは持ち運びに便利。たたんだ際はフラットになり上に何か置くこともできます。
(充電中のスマホを置いたり便利)

AC出力200Wで電圧100V、正弦波はノートPCの充電などACアダプターを利用する製品ならほとんど利用できると思います。

小さく場所を取らないので、車中泊やキャンプでも邪魔になりません。
出掛ける時に一緒に連れて行ってあげてください^^

うちも愛用中のお気に入り商品です!

Jackery400を愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • すごくコンパクトな本体
  • シガーソケットから約40Wで充電が可能
  • クーポンでよくお値打ちになる

イマイチな点

  • 周波数が60Hz固定
  • ソーラーパネルと接続するケーブルが付属しない

  

Anker PowerHouse

モバイルバッテリーで信頼性の高いAnkerのポータブル電源。USBは全て独自技術を採用した急速充電PowerIQを採用!
Anker_PowerHouse

商品名: Anker PowerHouse

商品紹介: Ankerは2011年にGoogleでエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤン氏を中心に設立されました。AC出力は120W。USB出力は全て独自技術のPowerIQを採用しており、スマホ、ガジェットの充電に力を発揮するポータブル電源です。

メーカー: Anker

価格: 49800

通貨: JPY

  • レビュー
    (4)
総合評価
4
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

迷ったらAnker製品を買っておけば間違いなし、と知り合いは言いってます。
Anker PowerHouseは2016年から販売された息の長いポータブル電源。

サイズはびっくりする程コンパクト。

AC出力は120Wで少なめですが、USBがAnker独自の急速充電技術PowerIQを採用。
スマホ、タブレットなどガジェットの充電に力を発揮します。

地方自治体と協定して、災害時の非常用電源として採用されています。
自治体も認めた安心のAnker PowerHouse。

USBでたくさん充電したい人におすすめのポータブル電源です!

Anker PowerHouseを愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • すごくコンパクトな本体
  • 急速充電対応のUSB出力(PowerIQ対応)
  • 信頼のAnker
    (モバイルバッテリー、急速充電技術の信頼性)

イマイチな点

  • AC出力が120W
  • ソーラー充電は60W以上出力が必要

  PDに対応した『Anker PowerHouse 200』もあります

LACITA ENERBOX

三元系リチウムポリマー電池採用。長寿命化&400Wのハイパワーを実現!
LACITA ポータブル電源 ENERBOX

商品名: ポータブル電源 ENERBOX 444Wh ENERBOX-01

メーカー: LACITA

価格: 55800

通貨: JPY

  • レビュー
    (5)
総合評価
5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品紹介:

総合評価について

持ち運びやすく、置いた時に安定するスタイル。

液晶パネルを搭載せず、シンプルな外観カラーはブラックとホワイトをラインナップ。
どんなシチュエーションでもマッチします。

バッテリーは自動車にも採用される三元系リチウムポリマー電池を採用して、高出力(400W)&長寿命化&安全性を実現しています。

ラ・チタ エナーボックスは一般社団法人 防災安全協会「防災製品等推奨品」に2019年に認定されました。第三者機関に認定された安心して使用できるポータブル電源です。

災害などの非常時の防災用品としての使用はもちろん、キャンプや車中泊などに活躍するポータブル電源です。

防災製品等推奨品とは
防災製品等推奨品マーク
災害時に役立つ防災製品として、一般社団法人 防災安全協会が審査を行い、推奨品として認定する制度です。
必要性、安全性、機能性、利便性を基準として、
消防、防災、災害医療、非常食、製品技術、消費者(生活防災含む)等の分野の専門的な有識者による厳格な審査が必要

LACITA ENERBOXを愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • 三元系リチウムポリマー電池 長寿命&安全性
  • AC出力400W
  • ACコンセントが3口
  • パススルー対応
  • 日本人スタッフによるサポート
  • 防災製品等推奨品

イマイチな点

  • インジケーターのみで液晶表示がない
    (出力や充電が何Wか不明)
  • USBの急速充電に対応していない

  

e-life-line ポタデン 462Wh

Bluetoothスピーカーを搭載したキャンパーに好評のポータブル電源。調光できるLEDライトも装備!

商品名: ポタデン e-life-line

商品紹介: 2019年キャンパーがおすすめするアイテムに選ばれたポータブル電源。USBの急速充電QC3.0、Type-C PD60Wに対応。Bluetoothスピーカー、調光可能な大きなLEDを搭載でマルチに活躍してくれる頼れるポータブル電源です。

メーカー: FCC株式会社

価格: 54799

通貨: JPY

  • レビュー
    (4.5)
総合評価
4.5
↓ ユーザー評価(投稿を受付中)☆をクリック(5段階評価)
  • レビュー
    Sending
ユーザー評価(平均) 0 (0 reviews)

商品概要:

総合評価について

2019年にキャンパーがおすすめするアイテムとして選ばれたポータブル電源。

Bluetoothスピーカーを搭載して音楽をアウトドアでお気軽に楽しむことができます。
調光可能な大きなLEDライトは、ほんのり照らして長時間運用することも可能。

USB Type-C出力はPD60W対応の高出力でMacBookなどへの利用ができます。

キャンプはもちろん、屋外をオフィスにしたい時、災害時に大活躍するポータブル電源です。

ポタデン462Whを愛用中の皆さんへ

レビューが投稿できるようになりました。
購入価格、使い心地、使えた家電(品番)など教えてもらえるとうれしいです。

\レビュー、質問、口コミ/
 投稿する 

良い点

  • PD60W対応USB Type-C出力
  • 大きな調光可能なLEDライト
  • Bluetoothスピーカー搭載
  • キャンパーおすすめ
  • 日本人スタッフによるサポート

イマイチな点

  • インジケーターのみで液晶表示がない
    (出力や充電が何Wでされているかわからない)
  • シガープラグケーブルが付属しない

  

ポータプル電源の選び方

ただ単に容量の大きさだけでなく、動作環境も注意してください。

冬場の屋外だと0℃を下回る環境に本体が置いてあると動作しない機種がほとんどです。
そういった環境では、ソーラーパネルは外で本体は屋内に設置できるよう長いケーブルが必要になります。

使いたい家電や、使いたい時期など、使用用途がはっきりしている場合はメーカーや販売店に問い合わせするのが確実です。

災害時の停電対策として、医療機器などを使用する場合は生命に関わります。
使用する機器の仕様を伝えて、購入したあとも実際に使用できるかどうかを試してからの使用をオススメします。

車中泊やアウトドアで使用するには、どの機種を選択してもいいと思います。

停電対策として使用する場合は、なるべく大容量がいいですが、3ヶ月毎の充電などしっかりと管理しておくのも大切です。

1000Wh以上の機種の比較記事を作成しました

1000Wh以上の超大容量のポータブル電源を比較してみました。

ポータブル電源 1000Wh超え 2020年版 2020年版【超大容量ポータブル電源】1000Wh超えのおすすめ機種を紹介 | 電子レンジ・エアコンも動く!?

比較記事 Q&A

比較する8機種はどうやって選んだのですか?

Amazonの売れ筋ランキングから、容量400Wh以上の機種をピックアップして上位から8機種選んでいます。データは2019年7月29日のものになります。


比較する機種は変更する予定がありますか?

新機種が登場してランクインする機種に変化が見られる場合に変更する予定です。半年くらい毎に変更を予定をしています。現在の比較記事は3つ目になります。過去記事についても残してあるので、参考にしてください。


Amazonで販売していないポータブル電源は比較記事に含めないのですか?

Amazonの売れ筋ランキングを人気の目安にしているので、どうしてもAmazonでの販売が基準になりますが、楽天市場やヤフーショッピングなどでしか販売していない商品も、今後は含めることも検討しています。


「キニモノ。」でおすすめしているポータブル電源を教えて下さい。

所有している中では【Jackery700】になります。AC出力が100V、60Hz、正弦波で西日本に住んでいるのでコンセントが家庭用と同様に使えます。JackeryのPowerBarを除くポータブル電源が同じ仕様です。Smart Tap PowerArQシリーズ、JVCのポータブル電源も同じ仕様になります。おすすめはAC出力の仕様が電圧100V、50/60Hz、正弦波のポータブル電源です。

おすすめ8機種の比較記事はおしまいです

おすすめ8機種の比較どうだったでしょうか。

今回から各機種の「いいところ」「いまいちなところ」を紹介しました。
実際に触ったことがある機種と、そうでないネットの情報からだけの機種があるので、同じように比べることができません。

あくまでも記事作成者の主観で、当てはまらない可能性もあると思います。
軽く参考程度に受け取ってください。

最後に今回の中で最もおすすめの機種を紹介しておきます。

キニモノくん

おすすめは
jackery 700です

詳しい記事は ⇒ こちらJackery 700

Jackery 700 実機レビュー レビュー【Jackery ポータブル電源 700】AC出力500W(瞬間最大1000W)100V60Hzで安心の大容量

最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問があればお気軽に、コメント欄お問い合わせフォームからどうぞ。
キニモノくん( @Kinimono_naka)でした。

この記事は2019-07-29に初掲載したものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + four =