アマゾンお得に買物する方法 1000円還元

太陽光(ソーラー)発電を有効活用【家庭用蓄電池・大容量リチウムイオンバッテリー】防災にも最適

あなたの家ではソーラーパネル使ってますか?
(ちなみにうちにはありません)

キニモノくん( @Kinimono_naka)です。
こんにちは。

今回は

  • 先見の明で早期にソーラーパネルを設置した人
  • 夜間も太陽光発電の電気を利用したい人
  • 防災意識が強く災害時に太陽光発電で発電した電気を効率よく利用したい人

に使って欲しい商品。

キニモノくん
キニモノくん

【家庭用蓄電池】大容量リチウムイオン電池の紹介です

固定価格買取制度(FIT)が順次終了

2009年11月1日、太陽光発電の余剰電力買取が開始され、2019年で10年が経過しました。

開始当初から導入していた家庭は、住宅用太陽光発電の余剰電力は、固定価格での買取期間が10年間と定められていることから、2019年11月以降、10年間の買取期間を順次満了していくことになります。

下記にwikipediaの内容を紹介します。
最終更新 2019年6月27日 (木) 03:23より

固定価格買い取り制度(Feed-in Tariff, FIT, Feed-in Law, FiL)とは、エネルギーの買い取り価格を法律で定める方式の助成制度である。

地球温暖化への対策やエネルギー源の確保、環境汚染への対処などの一環として、主に再生可能エネルギー(もしくは、日本における新エネルギー)の普及拡大と価格低減の目的で用いられる。

設備導入時に一定期間の助成水準が法的に保証されるほか、生産コストの変化や技術の発達段階に応じて助成水準を柔軟に調節できる制度である。適切に運用した場合は費用当たりの普及促進効果が最も高くなるとされる。

世界50カ国以上で用いられ、再生可能エネルギーの助成政策としては一般的な手法となっている。

その一方、買い取り価格の設定次第で過大な設置や利用家庭の負担が増大する危険性がある。

・2009年11月1日、太陽光発電の余剰電力買取開始(電力会社ごとに買取単価設定)

・2012年7月1日、対象を太陽光発電以外の再生可能エネルギーにも拡げ、余剰電力買取制から全量買取制に制度を変更(全国一律の回収単価)

日本では再生可能エネルギーに対する普及促進策としては電力会社による自主的な買い取り、RPS法や各自治体による助成などが用いられてきた。 これにより太陽光発電では世界一の生産量や市場を有していたが、2005年に補助金が一度打ち切られてからはいずれも他国に抜かれ、国内市場も縮小していた。このため2009年1月に経産省が緊急提言に沿って補助金を復活させた。また2009年2月には環境省も再生可能エネルギーの導入に伴う費用や経済効果の試算を発表し、普及政策として固定価格買い取り制度の採用を提案した(再生可能エネルギー#日本における動きも参照)。

このうち太陽光発電については2009年2月24日、経産省より初期投資の回収年数を10年程度に短縮する助成制度の強化が発表された。当初は2010年からの実施予定であったが、経済危機対策、エネルギー政策、地球温暖化対策の観点から前倒しされ、エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(エネルギー供給構造高度化法)2条3項に基づく「太陽光発電の余剰電力買取制度」が2009年11月1日から開始された。開始時の余剰電力の買い取り価格は1kWhあたり48円、エネファームやエコウィルなどの自家発電装置を他に併設して居る場合は39円であり、設置後10年間は同じ価格で買い取るものとされた。また後から新規に設置された設備の買い取り価格は、例えば11年度に設置した場合は42円程度というように年々引き下げられる予定であった。補助金の効果もあり、日本の太陽電池生産量は拡大を再開し、2010年度は関連産業の規模が1兆円近くまで成長すると見込まれた。

2009年末からは、全量買い取りの導入、および対象を太陽光発電以外にも拡大することが検討され、検討状況は経産省のプロジェクトチームのページで公開されてきた。こうした拡大によって再生可能エネルギーの普及促進が期待された。制度の具体的な形態については、様々な意見が見られた。例えば、従来のRPS制度や余剰電力買取制度を廃止して全量買い取り制度に一本化すべきとの意見もみられた。その一方、余剰電力買い取りにも節電意識向上などの利点があり、またこれを廃止する場合は既存導入家屋にて配線工事が必要となること等から、併用を提案する意見も見られた。電事連からは系統安定化への配慮等を求める意見が提出された。また電力を大量に使用する業界等からは、国民負担や産業競争力への配慮の要望も出された。

こうしたヒアリング等を経たのち、法案(再生可能エネルギー特別措置法案、再生可能エネルギー買い取り法案)は2011年4月5日に国会に提出され、各党による協議・修正を経て、同年8月23・26日、衆参両議院での全会一致の賛成をもって成立した。検討段階では地域経済振興や産業活性化への期待が集まる一方、電力料金の増加への不満、電力会社による受け入れ拒否の可能性に対する不安の声等も聞かれた。一方で制度の導入をにらみ、これまで対象から漏れていた再生可能エネルギー源の事業化や、新たな市場参入、関連投資の拡大等の動きも見られる。 買取価格・期間(再生可能エネルギー特別措置法の条文上での呼称は、第3条でそれぞれ「調達価格」・「調達期間」とし、両者合わせた呼称として「調達価格等」としている)は2012年の年明け早々に「調達価格等算定委員会」で決定される予定だったが 、当初、経済産業省が示した人事案について、国会で同意が得られず、委員会の開催が遅れた。委員5人のうち3人が制度の導入に慎重であることが与野党に問題視されたためである。政府は、新日本製鉄の進藤孝生副社長(のちに社長昇格、鉄鋼業界は電力多消費産業である)に代わって、植田和弘京都大学大学院教授を委員長に起用し、国会の同意を得た。調達価格等算定委員会の意見聴取では専門家が「30円台後半が適正だ」と指摘したが、太陽光事業に参入するソフトバンク社長の孫正義が「最低でも税抜き40円」と主張し、業界団体の太陽光発電協会も「税抜き42円」と主張していた。調達価格委員会は2012年4月に意見書をとりまとめ、これに基づいて2012年6月、太陽光10kW以上は税抜40円等とする買取制度の詳細が決定された。制度開始当初の買取水準は新規参入を促すことを狙いとして高めに設定され、企業や地方自治体にも動きが見られる。その一方で高めの買い取り価格に対し、村沢義久は35円でさえ確実に利益が出るのに40円ではスペインのようなバブルを生むと指摘した。決定に先立って行われたパブリックコメントでは5000件以上の意見が寄せられ、賛否両論が見られた。買い取り額は普及量の予測に基づき、定期的に見直されることが決まっている。2012年7月1日、再生可能エネルギー特別措置法が施行された。

 固定価格買取制度の対象である太陽光発電の導入済み認定容量は2017年度末には家庭用で出力1012万kWに達し、産業用は3377万kWであった。制度全体では5029万kWであり太陽光が8割以上を占める。大規模水力を除いた再生可能エネルギー全体で2016年度には日本の全発電電力量の約7.7%が賄われている。

再生可能エネルギー特別措置法施行後の 買取(調達)価格と買取期間を年度(その年の4月1日から翌年の3月31日まで)ごとにまとめて一覧表にしたものを下記に表示する。なお、一覧表は東京電力を例としているが、その他の電力会社についても項目名等の説明や表現の仕方に違いがあるものの、回収単価は全国一律として定められたものである為、基本的に同一の単価表である。

※表の項目と表示の説明

  • 買い取り価格/買い取り期間で表示
  • 買い取り価格は消費税率8%における税込み価格。ただし10kW未満の太陽光発電のみは税込価格として決定されているため消費税率が変動しても価格は変動しない。
  • 自家発電設備等とは、当該発電設備等により供給される電気が再生可能エネルギー電気の供給量に影響を与えるもの
  • 2012年度は、再生可能エネルギー特別措置法が施行された2012年7月1日から2013年3月31日までの期間の買取価格と買取期間を掲載する
  • 2017年度以降2000kW以上の太陽光は入札制に移行

10kW未満10kW以上
単独設置自家発電設備等併設
出力制御義務なし出力制御義務あり出力制御義務なし出力制御義務あり2,000kW未満2,000kW以上
2012年42.00円 /10年-34.00円 /10年-43.20円 /20年43.20円 /20年
2013年38.00円 /10年-31.00円 /10年-38.88円 /20年38.88円 /20年
2014年37.00円 /10年-30.00円 /10年-34.56円 /20年34.56円 /20年
2015年33.00円/10年35.00円/10年27.00円/10年29.00円/10年31.32円/20年(6月まで)
29.16円/20年(7月以降)
31.32円/20年(6月まで)
29.16円/20年(7月以降)
2016年31.00円/10年33.00円/10年25.00円/10年27.00円/10年25.92円 /20年25.92円 /20年
2017年28.00円/10年30.00円/10年25.00円/10年27.00円/10年21円+税 /20年入札制度により決定
2018年26.00円/10年28.00円/10年25.00円/10年27.00円/10年18円+税 /20年入札制度により決定
2019年24.00円/10年26.00円/10年24.00円/10年26.00円/10年未定

固定価格買取制度(FIT)が終了後の問題

10年が経過して『固定価格買取制度(FIT)』が終了したらどうなるのでしょうか?

キニモノくん
キニモノくん

調べてみました!

  • 何もしないで放置
    ・契約が自動継続⇒新しい単価で買い取り
    ・自動継続なし
     ・買取者不在⇒無償で引き渡し
  • 買取契約締結⇒新しい単価で買い取り
  • 蓄電池、電気自動車などと組み合わせて自家消費する

新しい単価で買い取りという選択が普通だと思いますが、それまでの買取価格と比べると大きく差がでてきます。

電気を売ることのメリットが少なくなります。

キニモノくん
キニモノくん

蓄電池はかなりお金が掛かるので
しっかり検討しましょう

発電した電気を自分で使う

売るよりもその家庭で消費するほうが、電気代が浮くことになるので大きなメリットがあります。

住宅用太陽光発電の余剰電力を販売していたので、昼間に消費しきれない電気が存在します。

その電気を夜間に活用できれば、さらに電気代の節約をすることができ、大きなメリットとなります。

そのために必要なのが『蓄電池(大容量リチウムイオンバッテリー)』です。

家庭用蓄電池(大容量リチウムイオンバッテリー) の紹介

今回は【とくとくショップ】さんが扱う商品を紹介させてもらいます。

いろいろなメーカーの家庭用蓄電池を取り扱っているので、使用方法などを【とくとくショップ】さんに相談しながら、最適の蓄電池を見つけてください。

11.1Wh nichicon ESS-U2M1

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

型番ESS-U2M1/ESS-U2M2/ESS-U2MS
外形寸法蓄電ユニットW 1060 × H 1250 × D 300 mm(突起部含まず)
室内リモコンW 170 × H 140 × D 23.1 mm
質量蓄電ユニット182 kg
室内リモコン320 g
蓄電池蓄電池種類リチウムイオン蓄電池
蓄電池容量※1)11.1 kWh
蓄電池構成1モジュール当り8直列1並列、全4モジュール直列構成
蓄電池定格電圧DC 117.8 V(入力電圧範囲 : DC99.2 V ~ DC132.8 V)
系統連系運転時定格定格出力2.0 kW ± 5 %
定格出力電圧AC 202 V (単相 2 線式、ただし接続は単相 3 線式)
出力電圧範囲AC 202 V ± 20 V
定格周波数50 または 60 Hz
不要輻射VCCIクラスB準拠
蓄電システム自立出力定格最大出力2.0 kVA ± 5 %
出力電流最大 20 A
出力電気方式単相 2 線式
定格出力周波数50 または 60 Hz
主回路方式インバータ変換方式連系運転時 : 自励式電圧型電流制御方式
自立運転時 : 自励式電圧型電圧制御方式
スイッチング方式正弦波PWM方式
絶縁方式非絶縁トランスレス方式
冷却方式強制空冷方式
定格出力可能時間自立出力時110分
系統連系時200分
希望小売価格(税抜価格)ESS-U2M1(¥3,200,000)、
ESS-U2M2(オープン価格)、
ESS-U2MS(オープン価格)

9.8kWh SmartStarL LL3098HOS

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

7.04kWh TABUCHI ELECTRIC EOF-LB70-TK

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

6.5kWh SHARP JH-WB1711

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

ショップ独自のサポート【とくとく補助金】約最大30万円

自治体の補助金などがありますが、
【とくとくショップ】さん ではショップ独自の補助金が最大30万円あります。

キニモノくん
キニモノくん

補助金を利用してお得にGET!

12kWh nichicon ESS-U2L1

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

蓄電容量12kWh
大きさ(mm)蓄電池ユニット(W/H/D)  1060×1250×300mm(突起部含まず)
電圧範囲DC129.6 V ~ DC196.8 V
定格出力3.0kW±5%
設置場所屋外設置
保証期間15年機器保証
定格出力可能時間330分(自立出力時)
135分(系統連系時)
質量約226kg(取付金具含まず)
冷却方式強制空冷方式
その他・たっぷり蓄える大容量12kWh
・「もしも」に備えて定格出力3kW自立出力2kVA
・安心をずっと15年本体保証
・多彩な太陽光発電と連系可能
・薄型ボディ南側設置や北海道の極寒地域の設置も可能
・タッチパネルがカラー
・電力会社の遠隔出力制御ルールにも対応
・太陽光発電がなくても設置可能

9.8kWh 6.5kWh omron KP-BU98-B

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

蓄電容量9.8kWh(実効容量:8.8kWh)
大きさ(mm)蓄電池ユニット(W/H/D) 452×542×228mm(取付架台・金具を含まず)
電圧範囲DC126~176.4V
充電回復時間約6時間(25°C、夜間充電時、満充電まで)
設置場所海岸から500mを超える屋外設置
保証期間10年機器保証
使用周囲温度-10~+45°C(ただし結露および氷結なきこと)
使用周囲湿度25~95%RH(ただし結露および氷結なきこと)
質量約78kg(取付架台・金具を含まず)
冷却方式自然空冷
その他・簡単後付けでコストを抑えて発電を有効活用
・世界最小・最軽量クラスのコンパクト設計
・急速充放電によりVPP市場でも活躍
・取り付け方法もフレキシブル場所を選ばず設置できます

4kWh Looopでんち LP-PKG-HB0101

無料相談、問い合わせは ⇒ こちらから

蓄電容量蓄電池ユニット(4.0kWh)
パワーコンディショナ(5.5kWh)
大きさ(mm)蓄電池ユニット(W/H/D) 476/850/305.5mm
パワコン(W/H/D) 487/681/200mm
連続使用時間
設置場所蓄電池【屋外】
パワコン【屋外】
保証期間10年機器保証
押し上げ効果無し
出力2.0kWh
停電時電力供給最大2.0kVA
使用例スマートフォン充電 1台/日
LED照明 5時間/日
テレビ 5時間/日
冷蔵庫 24時間/日
その他 ・AI機能搭載 記憶機能
・小容量 屋外設置
・電圧型電流制御方式

大容量蓄電池についての問い合わせ&見積はこちらから

大容量蓄電池については、本格的な普及はまだまだこれからです。

大容量蓄電池&ソーラーについて気になることがあれば専門的な知識のある各ショップさんに何でも相談するのがおすすめです。

各サイトには、実際に導入した人たちからの口コミもあるので、参考にしてください。

とくとくショップ

ショップ独自の補助金があります。
気になる蓄電池があるなら、直接品番を選択して問い合わせが可能です。
品番を指定しなくても、あなたにぴったりの蓄電池の提案をしてもらうことも可能です。

【とくとくショップ】さんへの問い合わせは ⇒  こちらから

太陽光のナコウド

フォームを選択して、簡単な入力だけで相談することができます。
知識がなくてもお気軽に試してみてください。

自家消費の「蓄電池」だけではなく、「売電契約」についても相談ができます。

太陽光設置なら【太陽光のナコウド】さんへの問い合わせは ⇒ こちらから

防災非常用蓄電池ナビ

おすすめ機種を絞って提供しています。
マンションなどに設置しやすい比較的コンパクトなタイプ。

ソーラーでの運用というよりも、災害時などの停電時の電源やバックアップとしての利用ならこちらで紹介されている蓄電池おすすめです。

【防災非常用蓄電池ナビ】さんへの問い合わせは ⇒ こちらから

家庭用大容量蓄電池を設置したら実現すること

大容量リチウムイオン電池はとても高価です。

導入したらどんなメリット、デメリットがあるのか紹介します。

随時更新します

ごめんなさい。
記事途中で公開しちゃっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fourteen =